ザグレブ大学

マーカーはザグレブ大学です。

ザグレブ大学
[ザグレブ大学(クロアチア語: Sveučilište u Zagrebu, ラテン語: Universitas Studiorum Zagrabiensis)は、クロアチア共和国の首都ザグレブに所在する、同国最大規模の国立大学である。設立は1669年で現存するクロアチアの大学としては最も古く、南東ヨーロッパ全域およびオーストリアウィーン以南の中央ヨーロッパの中でも古い大学に属する。2011年には世界大学学術ランキングで世界大学トップ500に数えられた。また学内での研究成果が国内に占める割合は約51%と過半数に達する。
ザグレブ大学の前身となる学校は1669年に創設された。17世紀のクロアチア地方はオーストリアハプスブルク君主国)の支配下にあるハンガリー王国の領内であり、当時神聖ローマ皇帝にしてハンガリー王であったハプスブルク家レオポルト1世(在位:1658年 – 1705年)によって統治されていた。1669年9月23日、レオポルト1世が王領自治市であるザグレブでのイエズス会学校の設立を認可する法令を発布し、これを受けてザグレブ大学の前身となるイエズス会学校が設立された。この学校での哲学研究はネオアカデミア・ザグラビエンシス(ラテン語: Neoacademia Zagrabiensis, 「ザグレブの新学校」の意)として正式かつ法的な地位を獲得し、学校も公式な高等教育機関となった。
学校はイエズス会員らによって運営され、この体制はイエズス会が1773年に教皇クレメンス14世(在位:1769年-1774年)によって解散されるまで1世紀以上続いた。1772年に新体制が執行された時点での学生数は約200人であった。
1776年、ハンガリー王位を継承したマリア・テレジア(在位:1740年 – 1780年)により王立科学学校(ラテン語: Regia Scientiarum Academia)の設立認可が発布された。この学校は哲学、神学、法学の3学部から構成されており、それまでの政治行政学 (political-cameral) は新設された法学部の一部として取り込まれた。各学部には単一もしくは複数の学科を受け持つ教授が複数名配置された。
学校は組織の変更を複数回経ながらも、クロアチアのインテリゲンツィア(知識人層)の大多数を教育するクロアチアの中心的な高等教育機関として1874年まで存続した。
1861年、司教であったヨシプ・ユーライ・シュトロスマイエル(Josip Juraj Strossmayer)が議会に大学設立を建白し、1869年には神聖ローマ皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(在位:1848年 – 1916)は大学設立を認可する法案に署名をした。この法案は5年後の1874年に「大学設立法」(Act of Founding) として議会を通過し、同年1月5日に皇帝によって追認された。1874年10月19日、大学は王立フランツ・ヨーゼフ1世大学として設立され開校セレモニーが行われた。当時二重帝国であったハンガリー領内ではで3番目に開設された大学となった。
ザグレブ大学・wikipedia-photo  (wikipedia・ザグレブ大学より)]

カメラ北方向がザグレブ大学です。