シュトロスマイヤー散歩道

マーカーはシュトロスマイヤー散歩道です。

シュトロスマイヤー散歩道
[南グラデッツ町の城壁の下に19世紀末に市民からの寄付によってヨシプ・ユラユ・シュトロスマイヤー散歩道が作られました。司教であり政治家でもあったヨシプ・ユラユ・シュトロスマイヤーは19世紀にクロアチアに住んでいた有名人でした。彼の名前に因んでこの散歩道は命名されました。標高158mにある観測所は1862年から毎日天気を観測しています。昔から毎日の天気の観測から世界的な気候の変化を研究している場所はあまりないのでザグレブは特別な町だと言えます。  (「シュトロスマイヤー散歩道 – Zagreb Places」より)]

シュトロスマイヤー散歩道のカメラです。

シュトロスマイヤー散歩道クリスマスマーケット時期のカメラです。