バンの宮殿(クロアチア首相官邸)

マーカーはバンの宮殿(クロアチア首相官邸)です。

バンの宮殿(クロアチア首相官邸)
[ユーゴスラビアの混乱状態は、ユーゴスラビア共産主義者同盟が指導するパルチザンによってユーゴスラビアが自力開放されることによって収束された。戦後、以前のユーゴスラビアの枠組みの中で国家の再建が目指され、以降このパルチザン闘争を主導したヨシップ・ブロズ・チトーの巧みなバランス感覚と、カリスマ性によって多民族国家ユーゴスラビア社会主義連邦共和国は維持された。しかし、1980年にチトーが死去したことを皮切りに、幹部会システムの導入や経済状況の不安定化によって、各共和国・自治州において不満が噴出しはじめた。クロアチアはユーゴスラビア連邦政府に忠実な立場を取り続けたが、1980年代半ばからスロボダン・ミロシェヴィッチを中心とするセルビア共和国スロヴェニア共和国の対立が深まると、次第にスロヴェニアと歩調を合わせるようになっていった。
東欧革命以降、旧東欧地域でそれまで一党独裁の地位にあった社会主義政党が自由選挙を認め民主化の気運が高まると、ユーゴスラビアでもこれを認め1990年に戦後初の複数政党制による自由選挙が実施された(Croatian parliamentary election, 1990)。クロアチアではユーゴスラビアからの自立を掲げるクロアチア民主同盟(HDZ)が勝利し、スティエパン・メシッチが首相に指名され、政権を掌握。以降ユーゴスラビア・セルビアとの関係は険悪化の一途をたどっていった。
1991年3月2日には、スラヴォニアの帰属(西部に西スラヴォニア自治区(SAO Western Slavonia)→クライナ・セルビア人自治区(SAO Krajina)、東部に東スラヴォニア・バラニャおよび西スレム・セルビア人自治州)をめぐってクライナ・セルビア人自治区軍とクロアチア警察軍(Law enforcement in Croatia)の間でにらみ合う事態となり、3月31日にはプリトビツェ湖群で両者が衝突し、死者を出す事態となった(プリトビツェ湖群事件(Plitvice Lakes incident))。クロアチアの独立を目指す準備は着々と進められており、5月19日には独立の可否を問う国民投票が実施され、93%の圧倒的多数が賛成票を投じた。これを受けて6月25日、スロヴェニアと同日に独立を宣言した。
一方でクロアチア領内にも多く住むセルビア人は、クロアチアの独立に反対していた。この地域はクライナ・セルビア人自治区(→クライナ・セルビア人共和国)として、クロアチア政府による統治を拒否する構えを見せた。また、セルビア人保護を目的に、ユーゴスラビア連邦軍がクロアチアに介入した。これに対抗したクロアチア軍は、9月半ばにはユーゴスラビア軍との全面衝突クロアチア紛争へと進む。結果1995年に戦闘が終結するまでに大量の死者とセルビア人難民を生み出した。 これはクロアチア軍がセルビア人自治区を襲撃し、迫害を避けるためにセルビア人はユーゴスラビア地域へ退避移住せざるを得ない状況に陥ったことによる。破壊を避けるために先祖代々の墓も退避せざるをえない悲劇であった。移住せざるを得なかったセルビア人は20万人以上と言われている。その地域をクロアチア人居住区として併合することにより民族浄化路線を完了させる。
なお、クロアチア政府は1992年以降、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争にも介入し、セルビア人勢力やムスリム人勢力とともに戦闘、民族浄化を繰り広げた。
1990年の憲法制定以来、クロアチアは民主主義を標榜している。1990年から2000年までは半大統領制、それ以降は議院内閣制を採用している。国家元首である共和国大統領は直接投票による選出で、任期は5年、憲法上、多選は禁止され、最長でも2期までと定められている。大統領は軍の最高司令官であり、議会の同意のもと、首相を任命し、国家元首として外交政策に影響を及ぼしている。ザグレブの大統領宮殿の他、避暑地のブリユニ島フヴァル島に邸宅を所有している。
政府(ヴラダ)は2人の副首相と14名の閣僚を率いる首相を首班とする。行政機関は予算案、法案の策定に責任を持ち、共和国の外交、内政を実行する。政府公邸はザグレブのBanski dvori(バンの宮殿、クロアチア社会主義共和国時代には大統領府)である。
バンの宮殿・wikipedia-photo  (wikipedia・クロアチアより)]

カメラ西北西方向がバンの宮殿(クロアチア首相官邸)です。