ペタル・プレラドヴィッチ広場(花の広場)

マーカーはペタル・プレラドヴィッチ広場(花の広場)です。

ペタル・プレラドヴィッチ広場(花の広場)
[クロアチアと愛のテーマを題材にした詩人で将軍でもあったペダル・プレラドヴィッチ(1818-1872)の名前に因んでこの広場は命名されました。彼の記念碑は広場の中心にあります。しかし、この広場の本当の名前は人々に使われていません。ザグレブ市民にとってこの広場は「花の広場」と親しまれています。14世紀からこの広場で見本市が行われ、数多くの花のスタンドがあったため花の広場と呼ばれるようになりました。広場の北側にロシア正教会聖プレオブラジェーニャがあります。ローマカトリック聖マルガリータ教会があった場所に19世紀この教会が建設されました。広場と近くにある通りの喫茶店とテラスはザグレブのゆったりした雰囲気を表しています。コーヒーを飲みながらビジネス・ミーティングや友達との会話を楽しむことができます。  (「ペタル・プレラドヴィッチ広場 – Zagreb Places」より)]

カメラ位置はペタル・プレラドヴィッチ広場(花の広場)で、カメラ北方向がペダル・プレラドヴィッチ像と聖プレオブラジェーニャ教会です。

カメラ東方向が聖プレオブラジェーニャ教会です。

聖プレオブラジェーニャ教会拝廊のストリートビューです。