ルネサンス様式の城壁

マーカーはルネッサンス様式の城壁です。

ルネサンス様式の城壁
[オスマン・トルコ軍から町を守るためにザグレブ大聖堂の周りに要塞付き城壁が作られました。1512年から1521年の間に城壁の建設が行われました。19世紀末、大聖堂の修理が始まった頃、大聖堂を遠くからでも見ることができるように正面にあった要塞が取り壊されました。この城壁はルネサンス様式で作られたヨーロッパの中でも最も保存状態のよい建築物の一つです。  (「ルネッサンス様式の城壁 – Zagreb Places」より)]

カメラ初期設定方向ザグレブ大聖堂左が要塞付き城壁になります。

ザグレブ大聖堂左が要塞付き城壁になります。

カメラ北方向の壁がルネッサンス様式の城壁です。