ロトルシュチャック要塞

マーカーはロトルシュチャック要塞です。

ロトルシュチャック要塞(Lotrščak Tower)
[13世紀に作られた城壁の現在唯一保存されているのはロトルシュチャック要塞です。19世紀、要塞の一番上に塔が作られました。昔、夕方に市民が町に戻るためにロトロシュチャック要塞の鐘で町の門が閉められる合図を鳴らしていました。1877年の元旦から当時を思い出すため毎日要塞から空砲が撃たれています。この大砲は誰から贈られたものかいくつか言い伝えがあります。話によると市民たちがタタール軍からザグレブを守ったため1242年にハンガリー王ベラ4世(在位:1235年 – 1270年)が感謝の印として贈ったと言われています。王様からこの大砲を錆び付かないように毎日使うようにと命令を受けました。この大砲はトルコ軍のものかもしれませんが、ザグレブでは毎日正午の時を鳴らしています。  (「ロトルシュチャック要塞 – Zagreb Places」より)]

カメラ初期設定方向がロトルシュチャック要塞です。

カメラ北北西方向がロトルシュチャック要塞です。