石の門

マーカーは石の門です。

石の門
[何百年にも渡りザグレブ市民の暮らしを見守り続けてきた「石の門」。現在の姿は18世紀に造られたものですが、門は中世の時代にすでに存在していたという記録が残されています。
かつて大聖堂を中心とした聖職者の町「カプトル」と、聖マルコ教会を中心とした商人の町「グラデツ」というふたつの町に分かれていたザグレブ。それぞれの町は異民族の侵入から守るために石の壁で囲まれていました。そんな中世の時代、グラデツに入る門は4か所存在していたのだとか。しかし、現在は壁も取り壊され、現存している門もこの「石の門」だけとなりました。
石の門の中には聖母マリアが祀られた小さな礼拝堂があります。礼拝堂にはイエス・キリストを抱く聖母マリアのイコンが安置されていますが、これは1731年のザグレブ大火災で奇跡的に無傷で焼け残ったもの。聖母マリアはザグレブの守護神でもあり、毎日ザグレブ市民が祈りを捧げに足を運びます。
今も人々の厚い信仰を集める石の門ですが、中世の時代も人々はここで毎日祈りを捧げていたのだとか。上でも述べたように、かつて壁で囲まれていたグラデツの町。現代とは異なり、壁の外は山賊などがうろつく危険な場所だったそうです。ですが、生きるために町人たちは毎日壁の外にある農地に農作業に出かけなくてはいけません。そこで毎朝、石の門から外に出かける人々は「今日も1日お守りください」と祈りを捧げ、夕方戻ってきた時には「今日も1日お見守りくださりありがとうございました」と感謝の祈りを捧げたのだそう。
また、日本のガイドブックにはあまり載っていないのでみなさん見落としがちですが、石の門の外壁にはザグレブを代表する作家、アウグスト・シェノアの小説「ズラタロボ・ズラト(宝石商の娘)」に登場する美しい主人公、ドラ・クルピチェヴァの銅像と、17世紀に石の門の上に魔女除けのために作られた鎚鉾を見ることができます。  (「ザグレブ市民の暮らしを見守り続ける「石の門」 – CroTabi クロアチア観光」より)]

[現在たった一つしか残っていないグラデッツの古い門「石の門」はアッパータウンの入り口になっています。現在の門は18世紀に作られたものになります。石の門には聖マリアの礼拝堂があります。1731年に大火事で聖マリアのイコンが奇跡的に無傷で発見されたため、世界中から人々が聖マリアの巡礼にやって来ます。毎年5月31日(ザグレブの日)に石の門の聖マリアの行事が行われます。聖マリアはザグレブの守護聖人として祭られています。  (「石の門 – Zagreb Places」より)]

ドラ・クルピチェヴァ
[「宝石商の娘」のドラ・クルピチェヴァはクロアチア初歴史的な小説(1871年)アウグスト・シェノアによって書かれた小説の主人公です。この小説は16世紀の生活を題材に書かれています。小説は貴族と一般市民の悲劇的なラブストーリーで、美しく健全な宝石商の娘ドラは貴族との禁じられた愛のために毒殺されました。彼女はカメニタ通り5番地に住んでいました。1929年にクロアチアの彫刻家イヴォ・ケルディッチによってドラのブロンズ像が作られました。  (「ドラ・クルピチェヴァ – Zagreb Places」より)]

カメラ南南西方向が石の門です。

石の門内のカメラです。

カメラ初期設定方向が石の門です。