血の橋(Krvavi Most)通り

マーカーは血の橋(Krvavi Most)通りです。

血の橋(Krvavi Most)
[昔、グラデッツとカプトルを繋いでいた橋は現在血の橋と名付けられた短い通りになっています。歴史的な話によると中世時代この場所で両町の軍人が経済的理由でいつも争いをし、流血騒ぎがあったため血の橋と呼ばれるようになりました。1899年に橋は破壊されましたが、名前はそのまま残っています。この道にある図書館で一番初めの電話交換機が利用されました。その11年前アメリカでアレキサンダー・ベルが電話の発明をしました。1887年にヴィリム・シュワルツが電話交換機の特許を一番初めに獲得しました。当時ザグレブでは45人の市民が電話を使用していました。  (「血の橋 – Zagreb Places」より)]

カメラ位置はトカルチチェバ通りです。カメラ西北西方向小路が血の橋(Krvavi Most)通りで、通り左角が公立図書館です。