ムリンスケー・ニヴィ・バス駅

マーカーはムリンスケー・ニヴィ・バス駅です。

ムリンスケー・ニヴィ・バス駅
[旧市街区に隣接するルジノウ街区のムリンスケー・ニヴィ・バス駅(Autobusová stanica Mlynské Nivy)が中心ターミナルで、国際運行バスや国内都市間バスが発着する。市内の路線バス、トロリーバス、路面電車はブラチスラヴァ市が100%出資するブラチスラヴァ交通企業株式会社(DPB, Dopravný podnik Bratislava)が運営している。DPBは国境を越えてハンガリー・ライカ村(801系統:スロバキア国立劇場新館-ライカ線)およびオーストリアのハインブルク・アン・デル・ドナウ町、ヴォルフスタル村(901系統:新橋(ノヴィー・モスト)-ヴォルフスタル線)に至る路線バスも運行している。都市間バスはスロバック・ラインズ(Slovak Lines、旧SADブラチスラヴァ)が運営している。  (wikipedia・ブラチスラヴァより)]

[セントラルコーチターミナルは旧市街の東端のMlynské nivyにある。 中央駅へはトロリーバスの210番を利用する。旧市街中心部へはトロリーバスの202番と205番がKamenné námestieにあるスーパーケットのマイ・ブラチスラヴァ(My Bratislava、旧テスコ)の付近にあるRajskáまで、または路線バスの50番がŠafárikovo námestie(ドナウ川付近の銀行の近く)まで行く。ターミナル内には、一個一日€1でバッグを保管しておける荷物の預かり所がある。また、ターミナルの上の階にはベーカリー、食堂、バー、キオスクなどがある。
セントラルコーチターミナル(ホームページ)・wikitravel-photo
コーチ(Coach、長距離バス)の路線は、ブラチスラヴァとスロバキア全土、多くのチェコの都市とロンドン、パリを含む多くのEUの都市を結び、ブダペスト行きのバスも毎日ある。最も本数が多い国際路線はウィーン路線で、以下の2つの路線がウィーン市内からシュヴェヒャート空港経由で、毎時間運行している。いずれも空港の7番バス乗り場から出発し、所要1時間~1時間30分。
シュヴェヒャート空港からブラチスラヴァ中心部までの路線は以下のとおり。
●ブラグス(Blaguss) :ウィーンのErdbergstrasseから旧市街付近にある橋のノビ・モスト(Nový most、mostはスロバキア語で「橋」の意味。Nový mostの英語での意味はNew Bridge)とブラチスラヴァ空港までを€7.20で、ドライバーからチケットを購入する。
●スロバク・ラインズ(Slovak Lines):ウィーンのSüdtirolerplatzからセントラルコーチターミナル(Autobusová stanica)とブラチスラヴァ空港までを€7.70で運行している。チケットはドライバーから購入するか、もしくはオンライン予約で購入できる。ポストブス(Postbus)との共同運行。  (wikitravel・ブラチスラヴァより)]

カメラ東方向がムリンスケー・ニヴィ・バス駅です。

ムリンスケー・ニヴィ・バス駅内のカメラです。