クレーンの塔

マーカーはクレーンの塔です。

クレーンの塔
[クレーンの塔は、トルンの城壁(Mury miejskie w Toruniu)に沿って今日まで残っている9つの防御タワーの1つです。
タワーは、トルン旧市街(Zespół staromiejski Torunia)の南部、橋門の西側に位置しています。
タワーは13世紀の終わりに建てられ、その名前はクレーンの機能に由来しています。1823年に拡張され、トルンの穀物倉庫(現Hotel Spichrz w Toruniu)に接続されました。穀物倉庫に接続することにより、その機能を最大限に活用することができました。
塔は、ゴシックレンガで作られた四角形の計画の上に、ウェンディッシュスレッド(Wątek (architektura))で建てられました。19世紀の再建後、4階建てで使用可能な屋根裏部屋があります。 斜めのレンガで作られたゴシック様式のフリーズが示すように、元々の階への分割は異なっていました。地下には火器に適した19世紀の射撃場があり、上階には木製のシャッターで閉じられたセクションで閉じられた大きな開口部があります。屋根裏部屋の床には木製のクレーンがあります-クレーンは、保存されたメカニズムです。タワーは北の穀物倉庫に接続されています。 Mostowa 1(トルンの穀物倉庫、現在はグラナリーホテル)には、張り出した詰め物が付いた、張り出したフレーム構造のコネクターが付いています。塔は現在、切妻屋根で覆われています。
南西から見たクレーンタワー・wikipedia-photo、東からの眺め・wikipedia-photo、タワーと19世紀のコネクタのSpichrzホテルからの眺め・wikipedia-photo、木製クレーンの構造・wikipedia-photo]

Średniowieczny Dźwig – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がクレーンの塔です。

カメラ位置は橋門口で、カメラ西方向にクレーンの塔があります。