マナーハウス(Dwór Mieszczański)

マーカーはマナーハウス(Dwór Mieszczański)です。

マナーハウス(Dwór Bractwa Świętego Jerzego w Toruniu)
[マナーハウス(Dwór Mieszczański)-トルンで1489年以降に建てられた後期ゴシック様式の建物。
マナーハウスは、トルン旧市街(Zespół staromiejski Torunia)、トルンの城壁(Mury miejskie w Toruniu)の見張り塔と堀の間にあります。
邸宅は、ドイツの城が破壊された後に、おそらくレンガを使用して建てられました。ブラザーフッドオブ・セント・ジョージ(Bractwo św. Jerzego)は、1311-1842年にトルーに存在した貴族協会でした。 それは、アルトゥス(Artusa)裁判所の形で制度化されたアーサー協会の一部でした。1842年に解散し、その後マナーはアパートに改装されました。1882年にリノベーションプロジェクトが発表されましたが、財政上の理由から提案は一切行われませんでした。1883年には、市議会議員ジュリアン・レーバーグ(Julian Rehberg)の設計に従ってマナーとタワーが再建されました。1924年以降、建物はKurkowa Strzelce Brotherhoodの所有物でした。 第二次世界大戦後、ここにユースホステルがありました。現在、トルンの姉妹都市との協力協会です。
ヴィスワ川から見た建物・wikipedia-photo
Category:St. George Guildhall in Toruń]

Dwór Mieszczański – Google Map 画像リンク

カメラ位置はBulwar Filadelfijski通りで、カメラ北西方向がマナーハウス(Dwór Mieszczański)です。

カメラ東北東方向がマナーハウス(Dwór Mieszczański)正面玄関です。