修道院門

マーカーは修道院門です。

修道院門(Brama Klasztorna)
[橋に近い旧市街にある門。14世紀に建築されたと言われる、美しいアーチのデザインが印象的な門。旧市街の城壁には大小含めて12門があったと言われているが、その多くが19世紀の後半に取り壊され、現存するのはヴィスワ川側の3つの門のみ。
17世紀くらいまで、この門の近くにベネディクト派の修道院(monastery)があった為、モナスター門と呼ばれている。  (「14世紀に造られた美しい門 – フォートラベル」より)]

[修道院門は、大規模な建築が特徴のフランドルゴシック様式で建てられました。門口の不連続アーチのため、もう存在しない旧市街の門、ポーリーヌの門に似ています。修道院門の建設の完了は、14世紀の前半にさかのぼります。 その後、戦争技術の開発、何よりもまず銃器の普及には、1420年頃に作られた門の上部構造が必要となりました。
19世紀には、もはや適切な防御機能でなくなったため、修道院門は再建され、それ以来、その部屋は居住用になりました。
門の名前は、病院と聖霊教会が建てられた城壁のすぐ外側にあるベネディクト会姉妹の修道院(Benedyktynki)に由来しています。17世紀まで存在しました。
壁の外側から見た門・wikipedia-photo、2005年外側・wikipedia-photo、2006年側・wikipedia-photo、2018年外側・wikipedia-photo、門口の不連続アーチ・wikipedia-photo、2012年内側から・wikipedia-photo]

Brama Klasztorna w Toruniu – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が修道院門です。

修道院門城内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*