旧市街「ジェグラルスカ門」

マーカーは旧市街「ジェグラルスカ門」です。

旧市街「ジェグラルスカ門」(Brama Żeglarska)
[港湾岸壁に通じる門の建設は、おそらく13世紀の終わりに始まったと思われます。 門は14世紀半ばに完成しました。門は赤レンガの長方形の平面上に建てられました。 現在、ゲートに直接隣接する壁には、その両側に歩行者用ゲートがあります。
当初、ジェグラルスカ門はすべての都市の門の中で最も重要でした。 ここは、トルンのレジア通り(王道)から始まり、代表的なチェグラスカ通り(Żeglarska)に沿って、旧市街広場(旧市庁舎の隣)の東側、聖ヨハネ大聖堂の西側を通り、ジェグラルスカ門に到着します。
門は、1703年にスウェーデン王カール12世(在位:1697年 – 1718年)のスウェーデン軍が町を占領した後、防衛的な重要性を失いました。
ジェグラルスカ門は数回再建されました。 これらの作品の結果は、門の性質にほぼ完全な変化をもたらしました。18世紀の終わりに、ジェグラルスカ門は刑務所を収容し、後に居住区に改築されました。1820年に、最も重要な修正が行われました。その後、門の周辺構造部は取り壊され、門部分のみが残されました。また、門上に新しい屋根が追加されたのは19世紀のことです。
南から見た門・wikipedia-photo、南西から見た門・wikipedia-photo、北から見た門・wikipedia-photo]

Brama Żeglarska – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*