猫の頭の塔

マーカーは猫の頭の塔です。

猫の頭の塔(Baszta Koci Łeb w Toruniu)
[トルンの猫の頭の塔は、トルンの城壁(Mury miejskie w Toruniu)に沿って今日まで残っている9つの防御タワーの1つです。タワーは、トルン旧市街(Zespół staromiejski Torunia)の北部に位置しています。
現在の猫の頭と呼ばれる建物は、プロイセン王国時代にマウアー通りと呼ばれた、現在のポドムルナ通り(Podmurna)にあります。旧市街の壁の北東の角にある最初の塔は、おそらく13世紀に建てられた要塞と同時に建てられました。元の建物が、ほとんどの中世の塔や多角形の塔のように、長方形の平面に建てられたかどうかについては確証がありません。しかし、壁の北の断片のもう一方の端にあった猫のしっぽ(コシ・オゴン、Baszta Koci Ogon w Toruniu)と同様に、猫の頭(Koci Łeb、コシ・オエブ)が約1500年に再建されたことは疑う余地がありません。この再建では、ゴシック様式の塔をトルン城壁の再構築計画に基づいて建てられた低い要塞に変更しました。建物は当時の一般的な銃器の基準に適合していました。つまり、砲台が装備されていました。この問題解決のおかげで、猫のしっぽ要塞と猫の頭要塞は、ヴィスワ川から新市街の壁の西部までの領域を制御しました。さらに、構造を強化するために、塔は内部に土を充填して、耐火性が高められました。
猫の頭の塔の破壊の状況は、猫の頭の特別な役割を証明することができます。1703年の包囲後、トルンを占領したスウェーデン王カール12世(在位:1697年 – 1718年)の命令によりスウェーデン軍は、市の軍事的地位を可能な限り弱めることを決めました。この目標を達成するために、彼らは円形の堡塁-スタロトルンスキとチェウミスキの両方、そして2つのコーナーの要塞-猫の頭と猫のしっぽの両方を壁の破片とともに吹き飛ばしました。猫の頭は、18世紀にゴシック様式のレンガ建築で再建されました。おそらく1900年に、塔は新ゴシック様式の胸壁が追加されました。現在まで、中世の牢獄は塔の地下に残っています。
最近まで、この建物にはニコラウスコペルニクス大学の言語学部ポーランド語研究所があり、2019年1月からニコラウスコペルニクス大学心理学部の本拠地となっています。
猫の頭の塔・wikipedia-photo
Category:Koci Łeb Tower in Toruń]

Baszta Koci Łeb – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が猫の頭の塔です。

カメラ北東方向が猫の頭の塔です。