聖ヤコブ教会

マーカーは聖ヤコブ教会です。

聖ヤコブ教会(Kościół św. Jakuba w Toruniu)
[ゴシックの壁画と星形ヴォールトが美しい聖ヤコブ教会Kościół św. Jakuba。  (「トルン – メトロガイド」より)]

[聖ヤコブ教会は1309年から15世紀に建てられました。 最初にクワイヤが建設され、次に西塔のある身廊を建設しました。14世紀には、教区はシトー会、次にベネディクト会によって管理され始めました。1557-1667年、教区教会は福音派コミュニティに属し、その後19世紀まで寺院を管理していたベネディクト会によって回復されました。現在は教区教会として機能しています。
特徴的な形、建築の細部の豊かさ、内部の崇高な空間配置により、教会はバルト海海盆のレンガ造りの最も重要な例の一つです。内部には、非常に貴重なインテリアが保存されています-14世紀から15世紀の壁画、14世紀の十字架、いわゆる 神秘的な 15世紀の黒い十字架像、16世紀初頭の聖母マリア像、そして後期ゴシック絵画-トルンパッション(Pasja toruńska)。近代的なモニュメントの中でも際立っているのは、メインの祭壇、貴重な絵画が飾られた一群の祭壇、マニエリスム洗礼(バプテスマ)盤(Baptismal font)です。
東からの教会の眺め・wikipedia-photo、教会の塔・wikipedia-photo、クワイヤの南正面の塔・wikipedia-photo、教会への入り口・wikipedia-photo、教会の入り口にある聖ヤコブ像・wikipedia-photo、アプス・wikipedia-photo、西側ポータル・wikipedia-photo、メイン身廊・wikipedia-photo、北身廊の眺め・wikipedia-photo、14世紀の南の身廊とゴシック多色の眺め・wikipedia-photo、アドルフ・ゼルツェルク(Adolf Szelążek)司教の石棺・wikipedia-photo]

St. James’s church – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖ヤコブ教会です。

聖ヤコブ教会メインゲートのカメラです。

聖ヤコブ教会身廊のカメラです。

聖ヤコブ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*