聖ヨハネ大聖堂

マーカーは聖ヨハネ大聖堂です。

聖ヨハネ大聖堂(Cathedral Basilica of St. John the Baptist and St. John the Evangelis)
[洗礼者ヨハネと聖ヨハネ福音史家の教会は、1935年以降マイナー・バシリカ、1992年以降トルン教区の大聖堂となった、トルンの旧市街の旧主教区教会です。
レンガで構築されたトルンの3ゴシック様式の教会の一つで、記念碑の西塔と通路ホールからなる。
13世紀からの最初の教会は、通路がなく、多角形の聖職者席と小ホールでした。最初の教会は、14世紀の前半に通路ホールのあるホール教会(Hall church)に置き換えられました、この教会は何回も再構築され、15世紀の終わりに現在の形になるまで拡張されました。
サイドチャペルの一つに、ニコラウス・コペルニクスの洗礼に使用された13世紀の洗礼盤と16世紀の碑文と18世紀のモニュメントがあります。
タワーには1500年に鋳造され、ポーランドで三番目に大きな鐘とされる、チューバデイ(Tuba Dei)が吊るされています。
ヴィスワ川の左岸からの眺め・wikipedia-photo]

[聖母マリア被昇天教会の次は聖ヨハネ大聖堂Katedra Św.Jana Chrzciciela i Św.Jana Ewangelistyに行って見ましょう。1260年着工のこの教会が完成したのは15世紀になってからのことでした。教会の塔にはポーランドでは2番目に大きな鐘があります。教会内部では、コペルニクスの洗礼に使用したとも言われる洗礼盤や歴史の重みを感じさせられる装飾品を見学できます。  (「トルン – メトロガイド」より)]

[トルン遠景 – 中央が旧市街(15世紀以前に建設された歴史的市街地)。中央に聖ヨハネ大聖堂が、右端に新市街(16世紀以後に建設された歴史的市街地)の聖ヤコブ教会と聖カタリナ教会の塔が見える。・wikipedia-photo、聖ヨハネ教会・wikipedia-photo、聖ヨハネ教会の鐘楼・wikipedia-photo]

カメラ南東方向が聖ヨハネ大聖堂です。

聖ヨハネ大聖堂側廊のカメラです。

聖ヨハネ大聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*