聖体顕示台兼見張り台

マーカーは聖体顕示台兼見張り台です。

聖体顕示台兼見張り台(Baszta Monstrancja w Toruniu)
[おそらくこの場所の最初の塔は、最初の要塞とともに13世紀に建てられたと思われますが、現在の形では15世紀半ばに建てられました。この構造は、銃器の拡散への対応としてのトルンの防衛システムの近代化に関連していました。このため、一部の壁はほぼ2.5 mの厚さです。建物が内側に倒れるのを防ぐために、建築業者は階層構造のベンチに似た特別な建築の解決方法を適用しました。「新しい」要塞の作成の2番目の目的は、現在無効になっている城の側面からの増加する脅威に対抗することでした。 ドイツ騎士団の城は1454年に政治の圧力と重税に苦しめられていたトルン市民の蜂起によって破壊されました。それ以来、城の敷地は補強されずに残っており、市の防衛線の中で最も弱点となっています。
トルンにこれまで存在していた他の塔とは異なり、聖体顕示台兼見張り台のテントの屋根は長方形の平面ではなく、八角形の平面に建てられました。 トルンの中心にあるこの形の唯一の建物でした。聖体顕示台兼見張り台のユニークな構造により、クロスボウの3方向の発射が可能になりました。
2005年に、崩壊するタワーは建物を改修した個人所有者によって購入されました。
南から見た見張り台・wikipedia-photo、2006年の見張り台・wikipedia-photo、おそらく1924年の見張り台・wikipedia-photo]

Baszta Monstrancja – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖体顕示台兼見張り台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*