鳩小屋の塔

マーカーは鳩小屋の塔です。

鳩小屋の塔(Baszta Gołębnik w Toruniu)
[鳩小屋の塔-トルンの城壁(Mury miejskie w Toruniu)内に保存されている9つの防御タワーの1つ。
塔は、トルン旧市街(Zespół staromiejski Torunia)の南部、修道院門の東にあります。
鳩小屋と呼ばれるBaszta Gołębnikは、おそらく14世紀の初めに建てられました。トルンの塔の大部分と同様に、ゴウブニク(Gołębnik)は現在地に11.2 x 5.80メートルの長方形の平面上に建てられました。
屋根は、街側に2つ、他の側は一つずつ、計5つのドーマーを備えた寄棟屋根で覆われています。 現在、19.5メートルの塔は、トルンの城壁の最高地点です。
塔は修道院の門と旧市街「ジェグラルスカ門」の間にあるトルンの城壁の内側にあります。
塔は豊かに装飾されています。東、西、南の正面には合計15のブラインド(それぞれ6、4、5)があり、元々はオジーブ(Ogive)でしたが、現在は壁で壊れた窓によって部分的に歪んでいます。 ニッチはもともと豊かに塗られていましたが、時間をかけて塗られました。塔の改修中、漆喰の下から塗装された網目模様が露出しました。ブラインドの上には、プロイセン王国時代にドイツ騎士団の盾を連想させる方法で描かれた装飾的な「盾」の列があります。
19世紀には、塔にはもはや実際の防御機能がありませんでした。したがって、塔をフラットに再構築することが決定され、その結果、ファサードに追加の窓が開けられました。
現在の塔の名前は19世紀に由来します。 以前は市民の塔と呼ばれていましたが、19世紀に南と東の正面にフックが設置され、ハトの棚が置かれました。残りのロフトは、修道院の門と斜塔の間にある壁にありました。ハトはプロイセン当局に仕え、トルンの砦と通信しました。
西から見た塔・wikipedia-photo、西正面の塗装されたブラインド・wikipedia-photo、城壁、鳩小屋の塔と修道院の門・wikipedia-photo、城壁内側の鳩小屋・wikipedia-photo]

Baszta Gołębnik – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が鳩小屋の塔です。

カメラ南西方向が鳩小屋の塔です。