アイゲルシュタイン門

マーカーはアイゲルシュタイン門です。

アイゲルシュタイン門 (Eigelsteintor gate)
[中世の城壁 (1180-1220)の12の門のうちの3つセヴェリンストア(Severinstor)、アイゲルシュタイン(Eigelsteintor)、ハーネン(Hahnentor)は保存されており、様々な目的のためにまだ使用されています。 より小さな修復された城壁はウルレプォルテ(Ulrepforte)およびザクセンリンク(Sachsenring)で見ることができます。  (「ケルン市について」より)]

[現在のアイゲルシュタイン門は1180年から1259年(1228年から1248年)に都市が3回拡張された過程で建設され、北部へのアクセスを確保しました。この名前の2番目のゲートです。1106年の都市の2回目の拡張時に、最初のアイゲルシュタイン門が現在の施設から100 m南に建設されました(ローマの北門の北-後にPfaffenpforteとも呼ばれます)。
フランス時代(ナポレオン戦争)の 1804年9月13日の夕方、皇帝ナポレオン1世は妻のジョゼフィーヌを連れて、鐘と大砲の雷鳴の下で意気揚々と街に入りました。
ジャン・ジョセフ・トランチョ(Jean Joseph Tranchot)の地図(1801〜1814年作成、1840年発行)では、アイゲルシュタイン門は「ポルトドノイス」と呼ばれています。この地域で城壁が取り壊された(1882年)後、1889年から1892年にかけて市の建築家ヨーゼフ・シュテュベン(Josef Stübben)が城を修復しました。しかし、シュトゥベンは新しい南北交通ルートの作成に努めたため、ゲートを交通障害物と見なしました。ヨーゼフ・シュテュベンは、西側のハーフタワーの前の街側に、代表的な入り口のある新しい階段を建てました。1960年代、この入り口は閉鎖され、ゲートからの新しい入り口に置き換えられました。
1891年、1885年にクリスチャン・モール(Christian Mohr)がハーネン門のために設計した石像「ケルシェブール」(ケルンの小作人)が街側のニッチに設置されました。現在ある像は、1970年代後半に風化したオリジナルを置き換えるために作成されたレプリカです。オリジナルは最初に隣接するEmKölscheBoor居酒屋に置かれ、数年後に市庁舎に置かれました。
アイゲルシュタイン門はプロイセン時代(1701年 – 1918年)に何度か再建され、強化され、とりわけ軍の刑務所として使用されました。改修後、ゲートは最初は自然科学博物館として使用され、1898年にはハーネン門とともに歴史博物館として使用されました。第一次世界大戦で沈没した巡洋艦ケルンのカッターボートの残骸は、1915年に門に、1926年からは塔の東の丸天井に吊されていました。
アイゲルシュタイン門は、第二次世界大戦で大きな損害を受けずに生き残りました。塔の木製の部屋だけが焼失しました。ここでは、1946年3月21日、旧市街の遺跡の真ん中で、戦後のケルンで最初の展覧会が開かれました(「ケルン美術館の傑作」、13013人の訪問者)。1963年9月まで、アイゲルシュタイン門は展示会に使用されていました。
1995年にオープンジャズハウススクールクラブは未使用の建物に移転しました。クラブは以前、門通路上の部屋を使用していました。 それ以来、通路の上にある中央の部屋は、お祝いやイベントのために借りることができます。
町の外・北側からのアイゲルシュタイン門・wikipedia-photo、市側、南から・wikipedia-photo、「ケルシェブール」(ケルンの小作人)・wikipedia-photo、タワーのヴォールトにある巡洋艦ケルンのカッターボート・wikipedia-photo]

Eigelstein-Torburg – Google Map 画像リンク

アイゲルシュタイン門(北側・町の外)前のカメラです。

アイゲルシュタイン門(北側・町の外)前のカメラです。

カメラ北方向がアイゲルシュタイン門(南側・町の内)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*