ウルレ門

マーカーはウルレ門です。

ウルレ門
[中世の城壁 (1180-1220)の12の門のうちの3つセヴェリンストア(Severinstor)、アイゲルシュタイン(Eigelsteintor)、ハーネン(Hahnentor)は保存されており、様々な目的のためにまだ使用されています。 より小さな修復された城壁はウルレプォルテ(Ulrepforte)およびザクセンリンク(Sachsenring)で見ることができます。  (「ケルン市について」より)]

[都市の半円で計画された都市の要塞化のための最初の土工工事(トレンチ、城壁)は1179年に始まり、1180年7月27日にケルン大司教フィリップ・フォン・ハインスバーグ(Philipp von Heinsberg)がこれを許可しました。1200年から壁が建設され、1220年から1250年の間に16門が建設されました。ドイツの美術史家で学芸員であるウド・マインツァー(Udo Mainzer・ 1945年- )によると、ウルレ門は1230年頃に完成した最初の門の1つでした。 1245年、聖セヴェリン教区の教会の本で初めて市の門が言及されています。門の両側には、市側に開いた半円形の半塔が2つありました。ハーフタワーは、軍事目的と同様に壁を安定させるのに役立ちました。1450年頃、門はレンガ造りになり、2つの門と塔は「カルトゥス風車」(絵画像リンク)に改造されました。この目的のために-1446年に最初に言及された-都市側の高さ23.50メートルのミルタワーが北半分のタワーに追加されました。堀の中にある2階建ての長方形のカポニエール(caponier)は、おそらく15世紀にゲートの前に置かれました。
起業家のフランツ・カール・ギレオーム(Franz Carl Guilleaume)は、1885年にケルン市からウルレ門とカルトゥジオの製粉所(Kartäusermühle)を購入し、1886年にヴィンツェンツ・スタッツ(Vincenz Statz)によって修復され、11日に完成しました。近くに生まれ住んでいたギレオームは、カポニエールを備えた高さ20メートルの塔をワインバーに改造しました。カポニエールはワインセラーとして使用され、客室で囲われていました。塔は、周囲に木造ギャラリーのある展望塔に変更され、 前の円錐形の屋根はゴシック様式の尖ったフードに置き換えられました。
1907年、建物はギョームから市に寄付されました。
第二次世界大戦後、ケルンカーニバルで最も古い伝統的な団体「KölscheFunkerut-wießvun 1823 e.V.」に ウルレ門がリースされました。彼らのイニシアチブにより、広範囲に修復および維持されています。2007年に、屋根は古いドイツの屋根材であるモーゼル粘板岩で覆われました。
カルトゥジオの製粉所は、近くのカルトゥジオ修道院の名前に由来しています。戦争で破壊された後、カポニエールはシステム全体が損なわれないようにするため、レストランから分離されました。
「ケルンのウルレ門、正面に明るいカポニエール、背後にある2つのハーフタワー、元の門のアーチ、その間にあるミルタワー」・wikipedia-photo、ミルタワー保護の柱・wikipedia-photo、メインエントランスの上にあるキーストーン(1756)・wikipedia-photo]

Ulrepforte – Google Map 画像リンク」「Kölsche Funke rut-wieß vun 1823 e.V. – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がウルレ門です。

カメラ北北西方向がウルレ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*