カピトール丘の聖母マリア教会

マーカーはカピトール丘の聖母マリア教会です。

カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol)
[ケルンは10世紀半ば~13世紀半ばのロマネスク時代は豊かな時代であった。ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つで、古代ローマ時代のカピトール丘寺院の土台の上に1050年に建てられた。 (「ケルン」より)]

[カピトール丘の聖母マリア教会は、ケルンにある初期のロマンチックなカトリック教会で、長さ100 m、幅40 mの市内最大のロマネスク様式の教会です。ケルンの旧市街にある12のロマネスク様式の大聖堂の1つであり、その保存はケルンのローマカトリック教会協会によってサポートされています。教会の名前にカピトール丘が追加されたのは、以前その場所にあったローマ寺院群によります。
現在のカピトール丘の聖母マリア教会の場所は、1世紀に都市の南端のライン川近くの丘の上にカピトリヌスの三神ユーピテルユーノーミネルウァが祀られていました。建設の理由は、コロニア(植民市・帝政ローマになり区分が整理され、自治市(自由市)、同盟市、植民市などの地位に集約された。「植民市」が最も価値のある地位であった。)への昇格でした。通常とは異なり、この神殿は、市のフォーラムではなく、市壁のすぐ近くのライン川の上にありました。
5世紀半ばにフランク王国がケルンを征服した後、カピトール丘の公共所有権はフランク王とその周辺の手に渡りました。
フランク王国の宮宰ピピン2世の妻、オーストラリアの有力な貴族の家族から来たプレクトルードは、12世紀の資料によると、彼女の死の前にカピトール丘の遺跡に私的な教会を設立しました。
881/882の冬、ノルマン人はラインからボンへの襲撃の過程で侵入しました。 歴史的な資料によると、聖母マリア教会は市が略奪されたときにカピトール丘で焼失しました。
十字架の祭壇と新しい建物の身廊は、ローマ教皇レオ9世(在位:1049年 – 1054年)によって1049年に建てられました。 神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世(中世ドイツの王・在位:1028年 – 1056年)の前で献堂され、最後の奉献は、1065年アンノ2世(Anno II)大司教によって執り行われました。
中世には教会にも西構(Westwerk)があり、3つの塔がありましたが、17世紀と18世紀に崩壊した後は再建されませんでした。 2つの側面塔の基礎部分のみが保存されています。1804年以降、近くの教区教会、聖マルティン教会の保存されたゴシック様式の塔は、鐘楼として機能しました。この塔は1942年5月30日から31日の夜に燃え尽きました。1836年からの約5トンの重い3リングベル(チャイム:a0、cis1、e1)が破壊されました。 塔は再建されましたが、鐘は交換されませんでした。
カピトール丘の聖母マリア教会は、第二次世界大戦でひどく損傷しました。1956年まで、教会は最初、傾斜した木製の天井で閉じられ、分離された西部で礼拝のために再び使用され、1984年のクリスマスから大部分が再建された東部も再び使用されました。
カピトール丘の聖母マリア教会、3つの円錐形の複合体と彫刻・wikipedia-photo、西側、正面回廊の片側・wikipedia-photo、合唱団の壁が付いている教会東部・wikipedia-photo、身廊東向き・wikipedia-photo、西の建物の内壁・wikipedia-photo、ルードスクリーン上のクライスオルガン・wikipedia-photo、11世紀半ばの木製ドア・wikipedia-photo、教会の間取り図・wikipedia-photo]

St. Maria im Kapitol – Google Map 画像リンク

カピトール丘の聖母マリア教会前のカメラです。

カピトール丘の聖母マリア教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*