カーニバル博物館

マーカーはカーニバル博物館です。

カーニバル博物館
[カーニバル開催の中心地、ケルンに、2005年ドイツ語圏最大のカーニバル博物館が開館しました。ケルンのカーニバルの発祥は古代までさかのぼることができます。事実は1823年以来、“大々的に”カーニバルが行われていることです。博物館は広さ1.400平方メートル、約200年間の組織されたお祭り騒ぎと伝統、歴史とカーニバルの多彩さを古代から中世を経て、現代まで紹介しています。カーニバルの山車、担がれるフィギュア、衣装を着た人形、最新のオーディオやビデオの装置もあり、にぎやかな行列からオルタナティブなカーニバルまで“5番目の季節”の活気に満ちた様子を伝えています。最古の資料は、オリジナルで現存する、1827年のケルンのカーニバル準備委員会の議事録です。毎週月曜日、12月24日、12月25日、12月26日、12月31日、1月1日、カーニバル、復活祭、聖霊降臨祭休館。  (「博物館・美術館 – カーニバル博物館」より)]

カメラ東南東方向がカーニバル博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*