ケルン中央駅

マーカーはケルン中央駅です。

ケルン中央駅
[ケルン中央駅(ドイツ語:Köln Hauptbahnhof)はドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン行政管区ケルンにあるドイツ鉄道の主要鉄道駅である。駅はケルンの中心部にあり、ケルン大聖堂に程近い。大聖堂にとても近いので、ジョークで駅礼拝堂と言われることもある。当駅は通過式構造で11線の線路が敷かれており、規模の割りにコンパクトにまとまっている。一日当たりの利用客数は25万人でハノーファー中央駅デュッセルドルフ中央駅などと同規模の旅客数でドイツでも有数の旅客駅であり、21あるカテゴリー1の駅のうちの一つでもある。列車はライン川に架かるホーエンツォレルン橋をカーブしながらケルン中央駅に進入する。この橋は3複線になっている。フランクフルト・アム・マインとはケルン南部からのケルン-ライン=マイン高速線と結ばれICEが高頻度で運行され主要都市と結ばれている。ケルン中央駅からホーエンツォレルン橋を渡り400m程行くと、別に主要駅ケルン・メッセ・ドイツ駅がある。橋の脇には歩行者用の通路もあり、歩いても橋を渡ることが出来る。
駅舎(2006年7月15日)・wikipedia-photo、コンコース・wikipedia-photo、国際列車も頻繁に発着する・wikipedia-photo  (wikipedia・ケルン中央駅より)]

ケルンの鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】

ケルン中央駅 – フォートラベル

カメラ北西方向がケルン中央駅で、カメラ北東方向がケルン大聖堂です。

ケルン中央駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*