ケルン旧市庁舎

マーカーはケルン旧市庁舎です。

ケルン旧市庁舎(Rathaus Köln)
[14世紀にユダヤ人街に建てられたゴシック建築の建物。15世紀初頭には高さ61m、12時と17時に時を告げる仕掛け時計市庁舎塔が完成。さらに1569-73年にはフランドルルネサンス様式の園亭Laubeが増設された。市庁舎前の広場には、ガラスでできたピラミッドの下に、12世紀のユダヤの沐浴場(ミクバ)がある。  (「ケルン Koln」より)]

[ケルン市内中心部に位置する歴史的なケルン市庁舎は、建築の証明書によりドイツで最も古い市庁舎と見なすことができます。文書化された建物の歴史は、800年以上の期間にわたっています。歴史的な市庁舎の管理棟は、ノルトライン=ヴェストファーレン州の記念碑保護法(記念号114)の記念碑です。
ケルン市庁舎複合体は、ケルン市内中心部の市庁舎広場にある部分と相互接続された建物とともにグループ化されています。
1330年頃に建設された屋根付きのコアビル、1407〜1414年に狭い側面に建てられた市庁舎の塔、1569〜1573年の上流にあるルネッサンスの東屋、および後に取り付けられた管理棟で構成されています。 後に本館の東側の土地を購入することにより、市庁舎はアルターマルクトの広場に隣接します。
1660/61年の以前のゴシック様式の拡張の場所に作成されたいわゆるスペインの建物(画像リンク)は、北西側の現在の市庁舎広場を制限します。
2004年のケルン市庁舎・wikipedia-photo、1900年頃のケルン市庁舎(フォトクローム印刷)・wikipedia-photo、ケルン市庁舎1655年頃の銅版画・wikipedia-photo、ルネッサンス様式の現在の市庁舎の東屋・wikipedia-photo、ケルン市庁舎塔東側・wikipedia-photo、アルターマルクトへの階段と塔の基礎・wikipedia-photo、タワー時計とJabbekwikipedia-photo、ブルンネン市庁舎広場遺跡
(3世紀または9世紀)・wikipedia-photo]

ケルン市役所 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がケルン旧市庁舎の東屋で、東屋の後ろが管理棟になります。

カメラ初期設定方向が市庁舎の塔で、塔右側及び東屋の後方が管理棟になります。反転方向がスペインの建物です。

カメラ位置は市庁舎下層階レベルでアルターマルクトに接続します。カメラ西方向が市庁舎の塔で、上方向にタワー時計が見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*