シュニュートゲン美術館(元聖セシリア教会)

マーカーはシュニュートゲン美術館(元聖セシリア教会)です。

シュニュートゲン美術館(Schnütgen Museum・元聖セシリア教会)
[元聖セシリア教会はケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つですが、唯一教会として利用されていなく、現在はシュニュートゲン美術館として利用されています。美術館には中世を中心に6~19世紀の教会芸術を収集されています。  (「 ケルン」より)]

[ドイツのケルン(ケルン)にあるシュニュートゲン美術館は、主に中世のキリスト教の宗教芸術に捧げられていますが、テキスタイルや版画などのコレクションの一部は、古代から現代まで続きます。1906年、アレクサンダー・シュヌットゲン(Alexander Schnütgen・1843–1918)のコレクションが市に寄贈され、コレクションは拡大を続けたため、2010年に新しい建物がオープンするまで、その13,000アイテムのうち約10%しか展示できませんでした。現在、約2,000のオブジェクトが1900平方メートルのギャラリースペースに展示されており、特別展示用に追加の1300平方メートルがあります。シュヌットゲンはカトリックの司祭および神学者でした。 博物館のウェブサイトによると、「今まで、人々は彼の熱心で、時にはcraftなコレクションの戦術について話しています」。
1956年以来、博物館として使用している建物は、高貴なカノネス(Canoness)のために881年に設立された、ロマネスク様式の大きな聖セシリア教会が占有しており、現在の建物は1130〜60年、壁画は約1300年に建てられました。
建築家のカール・バンド(Karl Band)によって建てられた別館は1950年代に追加され、2010年には新しい建物(文化の一部、「文化地区」)がオープンしました。コレクションのハイライトには、聖セシリアのロマネスク様式のティンパヌム、11世紀の聖ゲオルギオスの十字架を含むいくつかの大きな木製の十字架、レイ・オブ・フイ(Rainer of Huy)制作のリエージュ洗礼フォントとは別な彼の唯一の作品を含む、初期のブロンズのものの大規模なコレクションが含まれます。
博物館の外観・wikipedia-photo、旧聖セシリア教会のクワイヤ・wikipedia-photo、博物館の彫刻・wikipedia-photo]

St. Cecilia’s Church, Cologne – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がシュニュートゲン美術館(元聖セシリア教会)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*