シルダーガッセ通り

マーカーはシルダーガッセ通り中央部です。

シルダーガッセ通り(英語:Schildergasse、ドイツ語:Schildergasse)
[シルダーガッセ通りは、ドイツのケルン中心部にある商店街です。 GfKによる2008年の調査によると、1時間に13,000人が通過し、ヨーロッパで最もにぎやかな商店街です。シルダーガッセは、歩行者専用ゾーンであり、東端のホーエ通りから西端のノイマルクトまで約500メートルにわたって延びています。
街はローマ帝国時代にさかのぼり、当時は街のデカマヌス・マキシマス(Decumanus Maximus)でした。中世には、紋章付きの紋章を描いた多くの芸術家が住んでいました。そこから通りの名前(シルダーとは、標識または盾)を意味します。シルダーガッセの現在のランドマークには、ケルン最古のプロテスタント教会であるアトニテ教会(Atoniterkirche)と、レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)が設計したピーク&クロッペンブルク(Peek & Cloppenburg)のヴェルトシュタットハウス(Weltstadthaus (Cologne))があります。]

カメラ位置はシルダーガッセ通り西端で、カメラ東北東方向がシルダーガッセ通りです。

カメラ位置はシルダーガッセ通り中央部付近です。

カメラ位置はシルダーガッセ通り東のキュルツェニヒ通りの分岐点付近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*