セヴェリン門

マーカーはセヴェリン門です。

セヴェリン門(Severinstorburg)
[中世の城壁 (1180-1220)の12の門のうちの3つセヴェリンストア(Severinstor)、アイゲルシュタイン(Eigelsteintor)、ハーネン(Hahnentor)は保存されており、様々な目的のためにまだ使用されています。 より小さな修復された城壁はウルレプォルテ(Ulrepforte)およびザクセンリンク(Sachsenring)で見ることができます。  (「ケルン市について」より)]

[南側の入口です。1200年に建てられましたが、現在残っているのは1895年に再建されたものです。  (「ケルン」より)]

[13世紀の前半頃、セヴェリン門は、トゥファで作られた銃眼付きの屋根プラットフォームを備えた非対称の六角形の塔構造を持つ重厚な塔門城として建設されました。基礎壁の上の4階建てのゲートタワー構造(ゲート通路を備えた長方形のベース)は、都市側のベース構造と同一面にあり、2つの側面は壁に向いており、3つは外側に向いています。門の上、メインタワーの周囲には、銃眼付きの壁で3つの側面が閉じられ、オーバールーム(Überzimmer)に接続する戦闘プラットフォームがありました。後に、このプラットフォームは側面から取り外され、フィールド側で2つの小さな2階建ての側面タワー(コーナーコントロールルーム)に置き換えられました。元々は胸壁があり、17世紀から屋根が取り付けられた銃眼付きの胸壁があり、名誉門(Ehrentor)に相当します。 それらはゲートの入り口を直接守る役目を果たしました。帝国の南にあるボンへの重要な道路を確保し、いくつかの修道院も保護したため、重要な戦略的位置と見なされました。15世紀頃に銃室が追加され、後にゲート通路が一時的に縮小されました。
1881年に城壁が取り壊された後、ゲートには自然史博物館、後に衛生博物館が収容されました。ナチス時代には、塔はケルン・ヒトラーユーゲントの本拠地でした。1979年に、それは部屋を借りることができる市民センターに変換されました。
今日、セヴェリン門はケルン市の公式結婚式場です。建物とセヴェリン門、タワーホールは、個人的なお祝いのために借りることができます。

セヴェリン門平面図(1180-1882、1884、シート4)

Chlodwigplatzesの再設計後のセヴェリン門・wikipedia-photo、西から見たセヴェリン門・wikipedia-photo、街側・wikipedia-photo]

Severinstorburg – Google Map 画像リンク」「Severinstorburg – Google Map 画像リンク」

カメラ南西方向がセヴェーリン門です。

カメラ東北東方向がセヴェーリン門です。

カメラ西南西方向がセヴェーリン門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*