ハーネン門

マーカーはハーネン門です。

ハーネン門
[中世の城壁 (1180-1220)の12の門のうちの3つセヴェリンストア(Severinstor)、アイゲルシュタイン(Eigelsteintor)、ハーネン(Hahnentor)は保存されており、様々な目的のためにまだ使用されています。 より小さな修復された城壁はウルレプォルテ(Ulrepforte)およびザクセンリンク(Sachsenring)で見ることができます。  (「ケルン市について」より)]

[これはホテルの近くにあった、ケルンの市門「ハーネン門」。ケルンには、大都市には珍しく、このような中世期の市門がいくつか残存しています。20年前にケルンへ行った時は、丸一日時間があったので、すべての市門を巡り歩きましたが、今は、時間的にも体力的にもムリ。ハーネン門の前が、「ルドルフプラッツ」という、トラム(市電)と地下鉄のターミナル駅になっていて、ここからトラムに乗ってライン河へ向かいます。  (「2012年03月の記事一覧 – 詳細表示 – Yahoo!ブログ」より)]

[門は13世紀初頭に二重塔門として建設され、1264年に最初に言及されました。このタイプの門に似ているのは、城壁の北にある既存のアイゲルシュタイン門と、北西にある破壊されたジェレオン門(Gereonstor)です。
中世では、アーヘンでの戴冠式の後、王はアーヘン・シュトラッセ経由(Aachener Strasse)でハーネン門を通って街に入り、ケルン大聖堂東方の三博士の神殿に移りました。ハーネン門は、旅行説教者アドルフ・クラレンバッハ(Adolf Clarenbach)とイラストレーター、石版画家、出版者、偽造者のヨドクス・シュラップパル(Jodocus Schlappal)の刑務所として使用されました。
1877年5月18日、ケルンの馬車鉄道の最初の区間がハーネントールで開通しました。
ハーネントールブルグは都市建築家ヨーゼフ・シュテュッベン(Josef Stübben)によって1890年頃に修復され(野外の紋章の下の碑文:1888年に更新)、歴史博物館、都市博物館の前身として設立されました。再建された中世の投石機が塔の屋根に設置され、遠くから見えるようになりました。
ハーネン門は、第二次世界大戦でひどく損害を受けました。左側のハーフタワーは大部分が破壊されました。ゲートは後に、視覚芸術家の専門家協会の展示棟として機能しました。1988年以来、1902年にケルン市カーニバル協会とレンタル可能なカジノの拠点になりました。
ハーネン門2009・wikipedia-photo、1900年頃のハーネン門・wikipedia-photo、ハーネン門と馬のトラム(1890年頃)・wikipedia-photo、城壁の解体前のフィールド側(1880)・wikipedia-photo]

Hahnen Gate – Google Map 画像リンク」「Christmas market on the Rudolfplatz – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がハーネン門です。

ハーネン門前黄昏のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*