フリュー アム ドム

マーカーはフリュー アム ドムです。

フリュー アム ドム
[ケルンで生まれたビール「ケルシュ」。30近くあるケルシュメーカーの中でも人気なのが、1904年創業の「フリュー」。ここが経営する「フリュー・アム・ドーム」は、2000㎡以上、ドイツで2番目に大きいビアホールとしても知られています。ここでは、ケルシュビール独特の伝統が生きています。上面発酵の明るい色のケルシュは、軽い口当たりが特徴。「シュタンゲ(棒)」と呼ばれる円筒状の、0.2L(1.70ユーロ)入りの専用グラスで提供されます。またグラスを空けると、注文をしなくても「ケーベス」と呼ばれるウェイターが、次々と新しいビールを運んでくる「わんこ蕎麦」のような形式もケルシュの流儀。飲めなくなったらコースターで蓋をしましょう。食事はライン地方の郷土料理を提供。牛肉をマリネしてから焼いたザウアーブラーテン(13.95ユーロ)などがおすすめ。  (「おすすめショップ | ケルン | トラベル・ヨーロッパ」より)]

[キリッと冷えたフルーティーなケルッシュがとてもおいしくて昼と夜1日に2回行きました。1杯200ccという小さめのグラスで冷たい状態で飲み干せるのもうれしいです。お食事はビールに合う味のものがメインの様に感じました。一皿のボリュームが多く同じ物を食べ続けるのは飽きるので、2人でシェアしてちょうど良い位かと思います。お食事の味は可もなく不可もなく。ジャガイモ料理がおいしいドイツなので、フライドポテトがどうしても食べてみたかったのですが、ファストフード並みで期待はずれでした。マッシュポテトはとてもおいしかったです。残念な点はビアホールなのにトイレが有料(おばさんに最低0.5ユーロ渡す)だった事。  (「ケルン旅行 クチコミガイド – ケルッシュ最高!」より)]

カメラ西南西方向にフリュー アム ドムがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*