ボットミューレ

マーカーはボットミューレです。

ボットミューレ(Bottmühle)
[ボットミューレ(Bottmühle)は、ケルンの旧市街(Altstadt-Süd)にあった元の風車と製粉工場の名前です。
ボットミューレはバイエン塔セヴェリン門の間にありますが、中世の城壁(Stadtmauer Köln)の一部ではありません。1550年から1552年にかけて、イタリアの要塞建築家アレッサンドロ・パスカリーニ(Alessandro Pasqualini)は、城壁の背後にウォールプラットフォーム(「ボット(Lünette)」)を建設しました。これは、中世の城壁を近代化した要塞にするためのものでした。パスカリーニは1559年に亡くなるまで他のケルンの要塞にも取り組みました。
1587年に穀物商人たちは、聖セヴェリヌス教会の背後に風車を建てるように指示されたとき、オランダ人で風車建設に適格であったピーター・フォン・グエル(Peter von Gleuel)に500ギルダーで建てるよう依頼しました。木製の風車(ポストミル)が建設され、1588年2月に完成しました。
1677年6月から1678年7月にかけて、市の石工アーノルド・フォン・ギュリッヒ(Arnold von Gülich)は、低いアーチ道とアーチ型の窓を備えた石塔風車に置き換えました。ギュリッヒは、1520年以来ケルン防衛の建設に関与していたパスカリーニによる古い計画に従って工場を建設しました。
4階建ての丸い塔は高台にあり、緑のエリアに囲まれています。緑のエリアは通りの高さまで急に傾斜しており、60メートルの長さの城壁が残ります。ケルン市は、1832年にパンタレオンとボットミューレを個人に販売しました。この工場は1879年からヤコブ・フラマーハイム(Jakob Flammerheim)によって個人所有され、1883年までに復元されました。
1921年以来、ケルン市に属していました。 1945年以降、連合軍は青少年のためにボットミューレを「ドイツの若者」に引き渡しました。
ドイツの社会主義青年-ファルコンズ(Sozialistische Jugend Deutschlands – Die Falken)は1970年以来そこに拠点を置いています。
ボットミューレは、1980年7月1日以来、歴史的建造物に指定された建物です。2011年7月まで改装され、ツタから解放されました。
ボットミューレ(2013)・wikipedia-photo、ボットミューレ・wikipedia-photo]

An der Bottmühle – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がボットミューレです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*