応用芸術美術館

マーカーは応用芸術美術館です。

応用芸術美術館
[ケルンにある応用芸術美術館はすでに1888年に設立され、中世から現在までの手工芸美術とデザインを扱っています。中世や近代初期の家具や陶器、その他アクセサリーや繊維製品についての展示が行われています。コレクションの中心は、中世から今日までのヨーロッパの美術手工芸品、グラス(16世紀のイタリア作品、18世紀、ユーゲント・シュティールドイツ作品)銀、錫、アクセサリー(ゴシック様式から現代まで)繊維製品(ゴブラン、絹織物)モード・ファッション(1800年から今日まで)20世紀のデザイン、ポスター、飾り刺繍のコレクション。企画展示では、芸術家と変遷について、応用芸術全分野、建築やモード・ファッションの部門、また写真、映画などの広い分野の中で、それぞれの分野を越えたいろいろな芸術的な手がかりを探り、展示とディスカッションを通し提示しています。毎週月曜日休館。  (「博物館・美術館 – ケルン・応用芸術美術館」より)]

カメラ南方向が応用芸術美術館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*