聖クーニベルト教会

マーカーは聖クーニベルト教会です。

聖クーニベルト教会(St. Kunibert (Köln))
[ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つで、ケルン最後のロマネスク教会で、ケルン大聖堂の建築開始の1年前1247年に完成した。  (「ケルン」より)]

[聖クーニベルト教会は、ケルンの12のロマネスク様式の大聖堂の1つです。 旧市街の北部のライン川の近くにあります。
3身廊の教会の建物は、大きなロマネスク様式の教会の中でケルン最後の教会であり、1993年以来、ゴシックケルン大聖堂の北の街のパノラマで最も特徴的なシルエットでした。 建設が遅れたことが、非常に閉鎖的で多様な設計の理由である可能性が高い。後陣(アプス)の外壁は、小人ギャラリーの二層になっています。東の塔の間にある身廊の屋根の切妻には、3つの構造的な壁龕があります。
第二次世界大戦後に復元されたバシリカの内部は、その東側が特徴で、後陣に光が差し込む、異なってデザインされたホールが特徴です。ケルンの他のロマネスク様式の教会とは対照的に、「二重シェル(doppelschaligen)」組積造には2段柱支持の通路があります。戦争中に保管され、保存された13世紀初頭(1230年頃)のオリジナルの窓(Romanische Glasfenster von St. Kunibert in Köln)は傑出しています。上部のゾーンでは、聖クーニベルト(Kunibert・Cunibert)の伝説が右端に、左側に聖クレメンス(ローマ教皇クレメンス1世(在位:91年? – 101年?))の伝説が、中央の窓ではキリストの生涯が「ルートジェシー(エッサイの木・Wurzel Jesse)」の形で表現されています。聖ウルスラ(右)と聖コルドュラ(左・Cordula)は、下部ゾーンの小さな窓にあります。中央の装飾用シンボルウィンドウは、1950年代のケルンのアーティスト、ウィルソネット(Will Thonett)の作品です。
3階建ての壁構造と「バウンドシステム」のリブ付きヴォールトのある身廊は、交互の次元の長方形の柱に支えられています。最後の2つは後期ゴシック建築中央交差部領域の前にあります。クワイヤの下には地下室があり、地下室の後部の窓もウィルソネットによって作成されました。
ケルンの司教でメロヴィング朝の4代目の国王ダゴベルト1世(フランク王:629年 – 639年)の顧問である600年前後に生まれた聖クーニベルトは、現在のケルン大聖堂の地に聖クレメンスに捧げられた教会を寄贈したと言われています。彼の死後、彼は彼の願いに従ってそこに埋葬されました。
1210年より前に、後にトリーア大司教(Liste der Bischöfe von Trier)になったテオデリッチ・フォン・ヴィード(Theoderich von Wied)は、新しい教会の建設を始めました。ラインに向かう地形の傾斜を補正するために、地下室が地下構造として作成されます。クワイヤは1226年に完成し、ゴシック様式の大聖堂の建設が始まる1年前、聖クーニベルト教会は1247年に副司教アーノルド・フォン・ゼンガレン(Arnold von Semgallen)によって聖職者教会として奉献されました。
西の袖廊上の最初の西の塔は、1376年6月に火災によって崩壊しました。それはゴシック様式で更新され、「キンクヘルメット(Knickhelm)」を設置しました。 西側の塔は当初計画されていなかったため、塔は不安定な状態で、ハリケーンにより1830年に崩壊し、1860年まで再建され、最終的に第二次世界大戦で再び崩壊しました。1944年6月29日、屋根が炎上し、1944年に西の塔が爆弾に見舞われ、袖廊の一部で崩壊しました。1945年にはさらに被害が拡大しました。南側の通路が教会の礼拝のために暫定的に整備された後、クワイヤと身廊はカール・バンド(Karl Band)の指示の下で1955年まで再建されました。 東の塔のペアには、今や低いピラミッドの屋根が付いています。 西側は存続していますが、荒廃したままで、身廊から分離されました。1970年代の終わりになってようやく、西側の建物(袖廊と塔)を再建するイニシアチブが取られました。1993年、構造エンジニア、オトマール・シュワブ(Otmar Schwab)と建築家レオ・ウゴット(Leo Hugot)による計画に従った再建が完了しました。
現在の聖クーニベルト教会の形は、戦前の状態に完全に基づいているわけではなく、後期のオリジナルを使用したわけでもありません。むしろ、非常に物議を醸す議論の背景に対して、バシリカの歴史における異なる建築条件に関連する妥協がなされました。
聖クニベルト後陣と東の塔・wikipedia-photo、黄昏の聖クーニベルト教会・wikipedia-photo、身廊、右側のオルガンを見る・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、後陣上部のウィンドウ・wikipedia-photo、1230年頃からの聖ウルスラと聖コーデュラのステンドグラスがある後陣の下部の眺め・wikipedia-photo、受胎告知の聖母・wikipedia-photo、1773年のクレメントベルは、両方の世界大戦を生き延びました。・wikipedia-photo]

Basilica of St. Cunibert – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が聖クーニベルト教会です。

聖クーニベルト教会南東方向からのカメラです。

聖クーニベルト教会後陣のカメラです。

聖クーニベルト教会前室のカメラです。

聖クーニベルト教会拝廊のカメラです。

聖クーニベルト教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*