聖ゲオルク教会

マーカーは聖ゲオルク教会です。

聖ゲオルク教会
[ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つで、11世紀に建てられた平屋根の柱廊バジリカ教会堂です。]

[聖ゲオルクは、ケルンの旧市街にある12の大きなロマネスク様式の大聖堂の1つであり、その保存はケルンのローマカトリック教会協会によってサポートされています。元聖職者教会(Stift)の建設は1059年にすでに始まっていました。
聖ゲオルクは、ローマ帝国時代のケルンの壁(Stadtmauer Köln)のすぐ前にあるローマ帝国の聖職禄の受領者(beneficiarii)の場所にあり、そこからボン古代の植民都市(ケルン)の南門の間の交通が監視されていました。
おそらくメロヴィング朝時代(5〜8世紀)に、カエサリウス礼拝堂(Caesarius Oratory)は基礎の一部の上に建てられました。
11世紀、アンノ2世大司教(Anno II.・在任:1056-1075)は、壁の前にあるオーバーズバーグ(Oversburg)地区の地下聖堂上に、翼廊クワイヤを備えた三身廊のバシリカを建設しました。新しい建物の翼廊にはヴォールトの丸天井があり、中央の身廊は木製の天井で閉じられていました。元の西側のクワイヤは、約100年後に吊りドームでアーチ状になった代表的なクワイヤに改修されました、その外観は元の計画通りには完成していませんでした。 同時に、中央の身廊は丸天井になりました。
その他の建築段階は、ルネッサンス期とバロック時代にさかのぼります。北側ポーチは1551/52年に建設され、聖ゲオルク教会と、近接の聖ヤコブ教区教会(St. Jakob (Köln))とを接続しました。聖ゲオルクはそれ以来教区教会でした。 第一次世界大戦後、教会は崩壊の危険性のため閉鎖され、1928年から1930年まで完全に改装されました。文書化されていないロマネスク色での復旧は求められていませんでした。 内部では、壁とアーチ型の表面に装飾のない白塗りが施されましたが、特に西のクワイヤの優れた建築物は石のままでした。当時の革命的なアール・ヌーヴォー芸術家であるヨハン・ソーン・プリッカー(Jan Thorn Prikkers)は、カラフルなステンドグラスを制作しました。
1536年の南側のルネサンスのポーチは、第二次世界大戦の爆撃の犠牲となり、再建されませんでした。同じく破壊された西のバロック様式の屋根に続いて、教会が再建されたとき、装飾されていない寄棟屋根(Walmdach)が続きました。教会の破壊された部分(中央交差部および翼廊)は、1964年までに再建され、ヨハン・ソーン・プリッカーの窓も同様でした。しかし、それ以来、部屋の印象は以前よりも「スムーザー」であり、典礼の改修によってクレメンス・ホルツマイスター(Clemens Holzmeisters)の戦争で損傷を受けた作品はほとんど残っていません。新しい交差祭壇と床のデザインは、セップ・ヒュルテン(SeppHürten)のものです。
聖ゲオルク教会・wikipedia-photo、「「聖ゲオルグとアンノ2世」(1930年)、エドゥアルドシュミッツ(Eduard Schmitz)作、正面ゲート上」・wikipedia-photo、全周ビューの主船球面パノラマとして表示・wikipedia-photo、全周ビューの入口エリア球面パノラマとして表示・wikipedia-photo、柱と柱が交互に並ぶ中間通路・wikipedia-photo、前室・wikipedia-photo、東側クワイヤ:ジョージ十字架の再建・wikipedia-photo、アーティストJohan Thorn Prikkerによるモダンなリードウィンドウ・wikipedia-photo、中庭の墓地・wikipedia-photo]

St. George’s Church, Cologne – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が聖ゲオルク教会です。

聖ゲオルク教会正面ゲート前のカメラです。

聖ゲオルク教会前室のカメラです。

聖ゲオルク教会西側クワイヤ前のカメラです。

聖ゲオルク教会東側クワイヤ前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*