聖セヴェリヌス教会

マーカーは聖セヴェリヌス教会です。

聖セヴェリヌス教会
[ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つで、古代ローマフランクの墓地跡に建てられた教会。  (「ケルン」より)]

[聖セヴェリヌス教会は、ケルンにある12のロマネスク様式の大聖堂の1つであり、その保存はケルンのロマネスク教会協会によってサポートされています。ケルンの3番目の司教、聖セヴェリヌス(Severin von Köln)に捧げられています。聖セヴェリヌス教会は、かつてのカノン教会(Stift)です。
今日の聖セヴェリヌス教会にちなんで名付けられたセヴェリン通り(Severinstraße (Köln))は、ローマ帝国時代にボンに通じる南の幹線道路でした。街のすぐ近くにある通りの両側に埋葬地がありました(ここで見つかった墓の1つ、ポブリシウスの墓は現在、ローマゲルマン博物館のディオニュソスモザイク(Peristylhaus mit dem Dionysosmosaik)の隣にあります)。
4世紀には、西に後陣のある小さな長方形のホール(memoriae)がここに建てられました(今日の聖セヴェリヌス教会の中央身廊の下)。6世紀と8世紀に拡張した後、ロマネスク様式の教会の建設が始まりました(約900年完成)。新しい建物の理由は、聖セヴェリヌスの遺物を当時の新しいカロリング朝の地下室に移したことである可能性があります。
ザーリアー朝の1043年、西側でまだ保存されていた地下聖堂が奉献されました。 教会の東側は13世紀の最初の3分の1世紀に完成し、南側の作業は1300年ごろに完了しました。南後陣の一部は、1237年からクワイヤの石積みとして、現在でも保存されています。
ロマネスク様式の西の塔は、1393年にゴシック様式の後期の塔の建物のために取り壊されました。
14世紀末から16世紀にかけて、身廊は後期ゴシック様式に改装されました。中央身廊のメッシュヴォールトは1500年頃のものです。 中央の身廊の元の床の八角形の迷路のみが保存されていますが、現在は教区博物館の一部です。
教会は1942年から1945年までの第二次世界大戦で深刻な戦争被害を受けました。ヴォールトは主に中央交差路、身廊と塔で破壊されました。側壁の上の階の窓は、ほとんどすべての屋根とともになくなっていました。塔は東側でひどく打撃を受けました。1945年以降、段階的に再構築されました。内部は1950年まで復元でき、塔は1955年までに修復され、屋根が更新され、塔の屋根は1961年に最終的に完成しました。
ローマ教皇ピウス12世(在位:1939年 – 1958年)は、 1953年3月9日に、教会を使徒的昇格で小聖堂の階級に上げました。
聖セヴェリヌス教会・wikipedia-photo、身廊を見る・wikipedia-photo、クワイヤと十字架・wikipedia-photo、オルガンの眺め・wikipedia-photo、鐘楼の鐘・wikipedia-photo]

Basilica of St. Severin, Cologne – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が聖セヴェリヌス教会です。

聖セヴェリヌス教会正面ゲート前のカメラです。

聖セヴェリヌス教会拝廊のカメラです。

聖セヴェリヌス教会クワイヤ前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*