聖パンタレーオン教会

マーカーは聖パンタレーオン教会です。

聖パンタレーオン教会(Church of St. PantaleonSt. Pantaleon (Köln))
[ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っているうちの一つで、10世紀オットー皇帝時代の建築で、地下聖堂には、ケルンのオットー大帝の弟ブルーノ大司教およびオットー2世の妃テオファヌ皇后の墓(10世紀)がある。  (「ケルン」より)]

[聖パンタレーオン教会はドイツのケルンにある初期ロマネスク様式の教会です。教会は10世紀にさかのぼり、ケルンの12のロマネスク様式の教会の1つです。
旧修道院教会は、聖パンタレーオン(Saint Pantaleon)と聖コスマスとダミアン(Saints Cosmas and Damian)に奉献され、ビュザンティオンの西にある聖パンタレーオンを祀るの最古の教会です。神聖ローマ皇帝オットー2世(在位:967年 – 983年)の皇后テオファヌケルン大司教ブルーノは教会に埋葬されています。教会には英国の最初のキリスト教殉教者であるアルバン(Saint Alban)と聖人コスマスとダミアン(Saints Cosmas and Damian)の聖人もいます。ローマ教皇ベネディクト16世(在位: 2005年 – 2013年)は2005年に教会を訪れました。
ローマ帝国時代の別荘はもともと教会のあるローマ植民市(コロニア)・ケルンのすぐ外側の丘を占めていました。この別荘の遺跡は今でも教会の地下室に見えています。別荘は870年頃に教会に置き換わり、955年にブルーノ大司教(神聖ローマ皇帝オットー1世(在位:962年 – 973年)の末弟)がベネディクト会修道院を追加しました。ここで、ブルーノは彼の死後に埋葬されました。966年、修道院に付属する新しい教会の建設が始まりました。 教会は980年に奉献されました。
神聖ローマ皇后テオファヌは、972年に皇帝オットー2世と結婚したビザンチン王女で、現在のファサードの建設を命じ、彼女自身の要請で教会に埋葬されました。
1618年以降、建物はバロック様式の教会にいくつかの段階で改造されました。1794年にケルンがフランス革命軍に占領された後、修道院は解散しました。教会は馬小屋として機能し、ケルンが1815年にプロイセン帝国になった後、プロテスタント教徒の教会となりました。ケルンとベルリンのプロイセンの首都の間の迅速なコミュニケーションを可能にするために、腕木通信の電信が教会の屋根に設置されました。
1890年から1892年に建物が修復され、1922年に教会はケルンのチャーターハウス(Cologne Charterhouse)との交換を通じて再びカトリック教会になりました。第二次世界大戦中、屋根、外壁の一部、内部の大部分が破壊されましたが、戦後、教会は修復されました。この修復中に、1955-1962年に考古学的調査が実施されました。1956年から1957年頃、新しい教会の鐘が設置され、1963年に新しいオルガンが設置されました。
ジェシーのツリー(Tree of Jesse)とさまざまな聖人の肖像画を描いた身廊格間天井は、芸術家ディーター・ハルトマン(Dieter Hartmann)によって設計および構築され、ケルンのロマネスク教会のブースタークラブの支援によって可能になりました。側面の西壁の天井は、1966年にアーティスト、ゲルハルトカドウ(Gerhard Kadow)によって作られ、天国のエルサレム(New Jerusalem)を描いています。
「聖パンタレーオンの教会、正面ファサード」・wikipedia-photo、聖パンタレーオン教会のインテリア・wikipedia-photo]

Saint Pantaleon – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖パンタレーオン教会の表門です。

カメラ東南東方向が聖パンタレーオン教会です。

聖パンタレーオン教会正面のカメラです。

別荘中庭からのカメラです。

聖パンタレーオン教会拝廊のカメラです。

内陣仕切り(Rood screen)前のカメラです。

内陣のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*