聖ベーター教会

マーカーは聖ベーター教会です。

聖ベーター教会
[1525年頃建てられた後期ゴシック教会(ゴシック建築)。ルーベンスの最晩年の作品の一つ「聖ペテロ(ベーター)の断り」(1639年)がある。ルーベンスはこの聖ベーター小教区で育ち、彼の父は同教会に埋葬されている。  (「ケルン」より)]

[聖ベーター教会は、イエズス会によって運営されている1513年から1525年の間に建てられたケルンゴシック様式の教会です。ピーター・ポール・ルーベンスの洗礼堂です。 教会には、現代美術、音楽、文学の中心地であるザンクトピーターアートステーションがあります。
教区教会の聖ベーター教会は、ケルンにある最新のゴシック様式の教会で、現在も保存されています。 1513年から1525年に、ローマ帝国時代とロマネスク時代の前任者の遺物の上に、3面の回廊が設置された3身廊の回廊バシリカとして建てられました。内部の長さは37.5メートル、幅は21メートルです。 ロマネスク様式の西の塔は1170年に建てられました。そのため、この教会はローマカトリック教会ケルン協会(Förderverein Romanische Kirchen Köln)によっても管理されています。隣接する聖セシリア教会と一緒に、聖ペテロはケルンの教区教会とカノン教会(Stift)の唯一の二重教会複合体です。
第二次世界大戦中の1943年6月29日の爆撃の夜のいわゆる「ピーターアンドポール攻撃(Peter-und-Paul-Angriffs)」の間に、聖ペテロの教区はほぼ完全に一掃され、基礎と柱を除いて教会は破壊されました。祭壇画やステンドグラスの窓など、教会の最も重要な設備を確保する努力にもかかわらず、祭壇と説教壇の豪華な木工品の大部分、および1907年にケルンのオルガンビルダーであるエルンスト・サイフェルト(Ernst Seifert)によって1820年に建てられたオルガンは、戦争の炎の犠牲になりました。
最初のセキュリティ対策が講じられた後、1950年に政府の建築家カール・バンド(Karl Band)と建築家ウィルヘルム・スホーン(Wilhelm Schorn)の指揮の下で再建作業が開始され、1960年までにほぼ完了することができました。
建築会社Wiegmann&Trübenbachによる1997年から2000年の改装中の基本的なインテリアデザインのコンセプトは、色、形、素材、照明を使用して、全体的で調和のとれた全体的な印象を作り出そうとしました。明るい灰色の色合いの新しい木製の天井は、戦後の暗い天井に取って代わり、光の入射を増やします。1950年代に当時のスタイルで追加された要素は削除され、歴史的に再構築されました。
聖ベーター教会(2016)・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo]

Jesuitenkirche Sankt Peter Köln Catholic parish – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖ベーター教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*