聖マルティン教会

マーカーは聖マルティン教会です。

聖マルティン教会
[ケルン旧市街にはロマネスク時代(ロマネスク建築)に建てられた12のロマネスク様式の教会が残っている、そのうちの一つです。中央の高さ84mの塔は、ケルンのライン川岸風景で最も目を引くポイントの一つです。  (「ケルン」より)]

[聖マルティン教会は、ケルンにある12の大きなロマネスク様式の教会の1つです。旧市街にあり、1970年代および1980年代の住宅および商業ビルで密接に再建されています。 クローバー型の東クワイヤと4つのコーナー塔を備え、正方形の交差塔を備えた3身廊バシリカは、ライン川の左岸にあるこの街のパノラマで最も印象的なランドマークの1つです。
この大聖堂は、12世紀に旧ライン島のラインボルシュタット(Rheinvorstadt)にローマ時代の建物の基礎の上に建てられました。修道院の世俗化の後、19世紀に教区教会として使用されるまで、数世紀にわたって同名のベネディクト会修道院の修道院教会として機能していました。第二次世界大戦中の空襲により、教会はかなり破壊されました。タワーは1965年まで再建されました。 再建作業は1985年まで続きました。 教会は終戦から40年後に奉献されました。
2009年以来、聖マルティン教会は、エルサレムのコミュニティの新しく設立された支部の修道院教会として、信者と訪問者に再び開かれています。新しく作成された地下室では、ローマ時代の発掘を見ることができます。


19世紀のバシリカの縦断面。西側のポーチ(左)は破壊後に再建されませんでした。


1872年頃のフロアプランでは、西側のポーチと南側の聖ブリギデン教会の壁の一部が残っています。南壁の大きな丸い窓はまだありません。

ケルンの魚市場からの聖マルティン教会・wikipedia-photo、聖マーティン教会の空撮・wikipedia-photo、南西部のタレットwikipedia-photo、南コンチェ(部屋の半円形のアーチ型の部分。)のドワーフギャラリーとフリーズの詳細・wikipedia-photo、東後部のギャラリーからコンチェと身廊を西に向かって眺める・wikipedia-photo、中央の身廊から祭壇/東内陣に向かって見る・wikipedia-photo、「聖マルティン大聖堂にエルサレムの修道会が設立され、12人の修道女と修道士に祝福をもたらす機会に、祝福を開きます。」・wikipedia-photo、Fleitner-Krawinkelオルガン・wikipedia-photo]

Südkonche – Förderverein Romanische Kirchen」 – 「ARCHITEKTONISCHE FORMENLEHRE – GRUNDRISS(建築形態論 -間取り図)

Great St. Martin Cathedral – Google Map 画像リンク

聖マルティン教会正面のカメラです。

カメラ南方向が聖マルティン教会です。

聖マルティン教会拝廊のカメラです。

聖マルティン教会祭壇前のカメラで、カメラ東南東方向が東コンチェ、左が北コンチェ、右が南コンチェになります。

聖マルティン教会北コンチェのカメラです。

地下室ローマ時代の遺跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*