聖母マリア被昇天教会

マーカーは聖母マリア被昇天教会です。

聖母マリア被昇天教会(St. Mariä Himmelfahrt (Köln))
[聖母マリア被昇天教会は、ケルン大聖堂に続いて長い間ケルンで最大の教会であり、市内のバロック時代の数少ない建築の証言の一つです。大聖堂の近くのマルツェレン通り(Marzellenstraße)にあるイエズス会の元大学教会は、すでにモルスアイムアルザス)にイエズス会教会を建てていたクリストフ・ワムサー(Christoph Wamse)の計画に従って建てられました。この教会はまた、聖母マリア被昇天教会の直接的なモデルとしても役立ちました。クリストフ・ワムサーは1623年までに建設マネージャー(Bauleiter)としても証明されました。その後、テューリンゲン州のバレンティン・ボルツ(Valentin Boltz)が建設管理とインテリアデザインを引き継ぎました。
基礎石は1618年に敷設され、1629年から使用され始め、1678年に完成しました。第二次世界大戦中、教会はほぼ完全に破壊され、1949年から1979年にかけて、復元されました。

聖母マリア被昇天教会複合施設平面図

聖母マリア被昇天教会ファサード・wikipedia-photo、イーストタワー・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo]

]

Kath. Kirche St. Mariä Himmelfahrt – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が聖母マリア被昇天教会です。

聖母マリア被昇天教会拝廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*