ウールバッハ・ワイン造り博物館

マーカーはウールバッハ・ワイン造り博物館です。

>

ウールバッハ・ワイン造り博物館
[シュトゥットガルトは街の中心近くまでブドウ畑が広がるワインの都。この周辺で作られるヴュルテンベルガーワインの特徴は、ドイツでは珍しく赤が多いこと。なかでも、切れが良くすっきりした飲み口のトロリンガー種の人気が高い。この地方のワインの歴史や製法を知ることができるのが、市街地を一望する高台にあるワイン醸造博物館。市内では毎年8月末から2週間ほど、ドイツ最大規模のワイン祭り、「ワイン村」が開かれる。
所在地/Uhlbacher Platz 4
開館時間/木・金曜14:00~20:00、土曜14:00~18:00、日曜・祝日11:00~18:00
料金/3ユーロ、14歳以下無料
アクセス/SバーンS1オーバートュルクハイム駅下車、62番バス乗り換え
HP/ワイン醸造博物館(ドイツ語)  (「ワイン醸造博物館 [シュトゥットガルト] – 南ドイツ観光案内サイト」より)]

[ウールバッハという街は、ワインの専門家や愛好家の間では人気の場所です。以前ブドウが搾られていた1907年に建てられたかつての街の搾り場に、1979年からワイン造り博物館がオープンしました。ネッカー川中部の750年以上の伝統を持つワイン造りに関する広範囲なコレクションを見学することができます。完全に設備が整っている樽造りの作業場では、18世紀や19世紀の作業の様子が分かります。古代ローマ時代の展示品もあります。陶器や石製のワインの盃やワインの容器、また木製の樽、古文書、栓抜きのコレクション、そして16世紀のブドウ園の守護聖人である聖人ウルバンの肖像画があります。テキストや写真でブドウの種類や、害虫駆除、収穫やブドウ園の耕地整理などの説明があります。4月から10月まで毎週土曜日と日曜日、祭日に開館。  (「ウールバッハ・ワイン造り博物館 」より)]

カメラ東北東方向がウールバッハ・ワイン造り博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*