エスリンゲン城

マーカーはエスリンゲン城太い塔です。

>

エスリンゲン城(Esslinger Burg)
[ネッカー川畔の古都エスリンゲン(Esslingen am Neckar)は、美しい木組家屋とワインで知られる街。マルクト広場を中心とした一角には多くの木組家屋が軒を連ね、なかには1328年建造というドイツ最古の民家も残る。ワインの産地としても知られ、ドイツの発泡ワイン、ゼクト(ゼクト醸造所「ケスラー」)はこの街が発祥の地。街を囲む山の斜面は一面のブドウ畑で、稜線上には1311年に建造された城壁や塔(エスリンゲン城)が残る。この城壁は、石組の基礎の上に木造の回廊と屋根が巡らされた珍しい造り。  (「バイエルン州観光局公式日本語サイト-シュトゥットガルト-エスリンゲン」より)]

[エスリンゲン城は、旧市街と現在の市の中心部の上にある中世の町の要塞の一部です。
1219年に神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世(在位:1220年 – 1250年)によって都市に昇格したエスリンゲンは、おそらく最初に壁で保護されていました。しかし、ルドルフ・フォン・ハプスブルク(Rudolf von Habsburg)は、二つの塔の壁を介して、シェーネンベルク(Schönenberg)の前哨基地と1286年と1287年に町の要塞を最初に接続しました。14世紀には3番目の脚壁が接続されました。
1519年から1531年にかけて、城跡と市側の壁と溝で複合施設が拡張されました。この要塞は、ロイトリンゲン占領の後、帝国自由都市エスリンゲンの占領を試みた1519年のヴュルテンベルクウルリヒの攻撃に耐えました。太い塔(Dicker Turm)は1525年に建てられ、1529年にはメラックの家(Melac-Häuschen)が建てられました。1688年、エスリンゲンの女性は故郷を守るためにこの家でフランスの将軍に身を捧げたと言われています。 しかし、その試みは失敗し、メラック(Mélac)はかなりの破壊を引き起こしました。
太い塔と18世紀の見張り塔は歩廊で接続されています。
1887年、太い塔は、ニュルンベルクの塔様式に基づいた塔屋根が設置されました。1977年の市の記念日に、施設は大幅に改装されました。 1981年に、改装された粉体塔(パウダータワー)にアクセスできるようになりました。
外からの太い塔と粉体塔・wikipedia-photo、プリエンザウヴォルシュタット(Pliensauvorstadt)から城への眺め(写真の右側)・wikipedia-photo、ブルクシュタイゲ・wikipedia-photo、旧市街を一望するブルクシュタイゲへの歩廊下の通路・wikipedia-photo、歩廊・wikipedia-photo、太い塔と歩廊の一部(右)・wikipedia-photo、監視塔・wikipedia-photo、市側からの階段歩廊・wikipedia-photo、メラックの家とアクセスできない太ももの壁の一部・wikipedia-photo、メラックの家の別の丸い塔の壁の詳細・wikipedia-photo、パウダータワーを見る・wikipedia-photo、監視塔への大砲のこぶからの眺め・wikipedia-photo]

エスリンゲン観光その4、エスリンゲン城 (シュトゥッツガルト・バルセロ」、「エスリンゲン、シュツットガルトすぐの、濃縮された街 | ドイツ +α旅メモ

エスリンゲンの詳細は、「ヘルマン・ヘッセを旅する その5 エスリンゲン」が参考になります。

Esslinger Burg – Google Map 画像リンク」「Seilergang – Google Map 画像リンク」「Historischer unterirdischer Wasserbehälter – Google Map 画像リンク

エスリンゲン城の両端にある太い塔と櫓の間の城外からのカメラで、カメラ北北東方向が太い塔でカメラ西北西方向に櫓があります。

エスリンゲン城内のカメラで、カメラ南西方向が太い塔、カメラ北北東方向が大砲の山・城壁上に大砲が置かれています。

カメラ東南東方向が太い塔です。

太い塔前のカメラで、カメラ南南西方向がSeilergangへの口です。

太い塔と櫓間の歩廊(渡櫓)からのカメラです。

大砲が置かれる城壁上広場のカメラです。

モニュメントとして置かれている大砲前のカメラです。

カメラ南方向がエスリンゲン城北門です。カメラ南方向が粉体塔、その左が太い塔、右に北門、その右に城の居酒屋がある若い農場の建物(Trödler zur Burgschenke)があります。
Trödler zur Burgschenke – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*