エスリンゲン市公文書館

マーカーはエスリンゲン市公文書館です。

エスリンゲン市公文書館(Stadtarchiv Esslingen)
[市のアーカイブは墓地礼拝堂として約1240年に建てられました。1324年にオールセインツチャペルとして初めて言及されました。建物は1444年に再建されました。上階の礼拝室は、3通路の納骨堂でした。1610年に都市アーカイブに拡張されました。]

[Stadtarchiv Esslingenは、エスリンゲン・アム・ネッカー(Esslingen am Neckar)市の公文書館です。
市公文書館の本館は、ゲオルク・クリスチャン・フォン・ケスラー・プラッツ(Georg-Christian-von-Kessler-Platz) 10番地にあります。さらに、1990年から聖パウル大聖堂の回廊の北翼に支部の建物があり、2006年からはゲオルク・クリスチャン・フォン・ケスラープラッツ(Georg-Christian-von-Kessler-Platz) 6番地に支部があり、1803年からの資料が保持されます。
ゲオルク・クリスチャン・フォン・ケスラー・プラッツ(Georg-Christian-von-Kessler-Platz) 10番地の建物は、かつてのオールセインツチャペル(Allerheiligenkapelle)です。 オールセインツチャペルの最初の言及は1326年にさかのぼります。礼拝堂は13世紀半ばに城壁に建てられ、その山塊はまだ建物の南側にあります。チャペルは元々建物の1階、2階にあり、地下室は納骨堂として使用されていました。
アーカイブへの変換は1610年に行われました。1940年、ウォルター・アイセルによって建物内部の改修と再設計が行われました。
エスリンゲン市公文書館・wikipedia-photo、市公文書館の南側・wikipedia-photo]

カメラ初期設定方向がエスリンゲン市公文書館です。

エスリンゲン市公文書館の南側小路のカメラで、カメラ南西方向にロスネッカー運河が流れています。