エスリンゲン市立博物館

マーカーはエスリンゲン市立博物館です。

エスリンゲン市立博物館
[ハーフェンマルクト(Hafenmarkt) 9 のイエローハウスは、1739年以降に現在の形で建てられました。バロックの木骨造りの建物の西部には、1259年から1269年までの期間の保存状態の良い石造りの住宅塔があります。バロック様式の隣接する建物ハーフェンマルクト(Hafenmarkt) 7(壮麗なスタッコの天井)とともに、この家には現在市博物館があります。]

[イエローハウスの市立博物館は、かつての帝国自由都市エスリンゲン(Esslingen am Neckar)の歴史を扱っています。 常設展示に加えて、都市および文化史に関連するトピックに関する定期的な一時展示が行われます。
博物館は歴史と古代協会(GAV)が指導しています。歴史を意識したエスリンゲン市民は、1908年に過去の歴史の証言を集めて保存することを決定しました。1926年から、このコレクションは旧市庁舎に展示されました。 イエローハウスは、1989年以来、市立博物館の所在地となっています。市の博物館は、市内で最も古い住宅の1つであるハーフェンマルクト(Hafenmarkt) 7にあります。13世紀の石造りの住宅塔は、エスリンゲンに現存する唯一のものです。
エスリンゲン市立博物館(「イエローハウス」)・wikipedia-photo]

City Museum in the Yellow House – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がエスリンゲン市立博物館で、カメラ方向中央右の部分が13世紀の石造りの住宅塔になります。このカメラで東方向にドイツ最古の木組みの家があります。

カメラ東南東方向がエスリンゲン市立博物館です。