エスリンゲン旧市庁舎

マーカーはエスリンゲン旧市庁舎です。

エスリンゲン旧市庁舎(Altes Rathaus mit Glockenspiel)
[旧市庁舎は、1420年頃に都市部のデパートと税務署として建てられ、その壮大な木組みの破風により、アレマン地域の木組みの建物の主要な作品と考えられています。
1586年から1589年にかけて、ルネッサンス様式の繊細な時計塔を備えた切妻のファサードが、既存の建物北側にハインリッヒ・シックハート(Heinrich Schickhardt)によって建てられました。 1592年に、寓意的な人物、ユースティティア(Justitia・正義の女神)と節制(Temperantia)を備えた天文時計が追加され、寓話像は1時間ごとに移動し、自由帝国都市の紋章動物であるワシが羽ばたきします。エスリンゲンの旧市庁舎の時計は、天文時計であり、ドイツで最も古くから機能している錬鉄製の塔時計です。バーデン=ヴュルテンベルク州記念碑財団によって「2007年3月の記念碑」と命名されました。
1586年から、重要なインテリアはシックハルト(Schickhardt)の指揮の下で再設計されました。
1926年の改修の際に、エスリンゲンの市民は24本の鐘のあるカリヨンを寄付しました。 1976年に市民のイニシアチブ(Bürgerinitiative)はカリヨンを更新し、5つのベルを追加しました。 範囲は2オクターブ以上です。 200曲以上の曲があり、それらは穴あきテープで制御されています。 カリヨンは、毎日8:00、12:00、15:00、18:00、19:30に演奏されます。
旧市庁舎・wikipedia-photo]

Altes Rathaus – Google Map 画像リンク

エスリンゲン旧市庁舎北ファサードのカメラです。

エスリンゲン旧市庁舎東ファサードのカメラです。

エスリンゲン旧市庁舎南ファサードのカメラです。