カンシュタッター・フォルクスフェスト祭り会場

マーカーはカンシュタッター・フォルクスフェスト祭り会場です。

>

カンシュタッター・フォルクスフェスト祭り(Cannstatter Volksfest)
[カンシュタッター・フォルクスフェストは、ミュンヘンオクトーバーフェストと並び、ドイツで2番目に大きなビール祭りです。毎年24mの高さのフルフトゾイレ(果物の柱)と呼ばれる木製の柱を囲んで、9月末に行われる祭りです。その由来はある飢饉の後、1818年に行った収穫感謝祭が始まりだそうです。今日では、2週間の期間中、祭りテントの中では、トラハテン(民族衣装調の服装)楽団の音楽を聴きながら楽しく時を過ごし、外では大観覧車やスーパールーピング、それでもなければ昔懐かしく回転椅子。  (「観光の国ドイツ-Stuttgartシュトゥットガルト-イベント」より)]

[世界最大の民俗祭はミュンヘンの「オクトーバーフェスト」ですが、規模の差こそあれ、ドイツ国内では同じように地方色の強いお祭りがたくさんが開かれます。
ミュンヘンに次ぐのは南西ドイツ、シュトゥットガルトの「カンシュタット・フォルクスフェスト」です。こちらも歴史が長く、168回目を迎える今年(2013年)の開催は9月27日から10月13日までの17日間です。
イベント会場はネッカー川沿いにあるカンシュタッター・ヴァーゼンという大きな広場です。この民俗祭のためにビールテントや移動遊園地が建てられます。会場の中心には26メートルの「収穫の柱」がそびえます。これは野菜や果物、穀物をモチーフとしたカラフルな柱で、お祭りのシンボルです。
このお祭りが最初に開催されたのは1818年ですが、当時経済が不安定で農作物が不作の年も多かったため、収穫を神に感謝する意味も込めてこのお祭りがスタートしました。
シュトゥットガルトとその周辺がワインの産地であることから、ビールだけではなくワインのテントも並ぶのが特徴です。この地方では赤ワインやロゼワインも多く生産されています。  (「シュトゥットガルトの秋の民俗祭『カンシュタット・フォルクスフェスト …」より)]

カメラ南西方向がカンシュタッター・フォルクスフェスト祭り会場で、写真では設営状況のようです。

カンシュタッター・フォルクスフェスト祭り会場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*