カール広場

マーカーはカール広場です。

>

カール広場
[旧宮殿の裏手(カール広場)には素朴なフィンランドクリスマス市開催中。この小さなフィンランドクリスマスマーケットはフィンランド人がやっているかは不明ですがマニアックなお客で賑わいます。(少し地味ですがこじんまりした雰囲気が私は結構好き)  (「長い冬がやって来た (シュツットガルト) – 旅行のクチコミサイト フォートラベ」より)]

[ハンブルクの魚市場 に行ってきましたよ! と、いっても シュトゥットガルトのカール広場 ですけど。1987年から25年間続いている、ハンブルクとシュトゥットガルトのパートナーシップ die Städtepartnerschaft の一環で、毎年この時期にハンブルクから魚市場 がここへやってきて、逆にシュトゥットガルトがハンブルクで「ワイン村 」を開くのです。2012年07月14日 (土) | 編集 |  (「明日、晴れるといいな ハンブルクから魚市場がやってきましたよ!」より)]

[マルクトハレを出ると、そのお隣に、土曜日には週末に蚤の市が出る広場に出ます。ベルリンハノーファーと、蚤の市といえば、どこぞで盗んできたような自動車の一部や自転車などが置かれているイメージもありましたが、ここシュトゥットガルトの蚤の市は、趣味の良いアンティーク雑貨や家具、シャンデリアから年代モノのアクセサリーなどが置いてあり、いろんな意味で ”きれい”。一見の価値ありです。
そこまで歩いて疲れたら、プラにー通りに面している”カフェ プラニー”へ。ここは、店長の愛犬フレンチブルドックが、入りびたりのおっさんのごとく、いつもカウンターに座っています。大きなオットー ディックスの絵がかかっていることと、ケーキが美味しいことで有名なカフェです。とにかくケーキが美味しく、素敵な朝食セットは夜までオーダーできたりする。  (「お散歩② : 職場はオペラハウスだったり」より)]

[旧宮殿のカール広場で、毎週土曜日、時間:8:00~18:00 に蚤の市(Flohamrkt) が開催される。また、夏場の毎週木曜日、時間:11:00~1:00 にはミニ・蚤の市が開かれる。  (「地球の歩き方・シュトゥットガルト(stuttgart)」より)]

カメラ西南西方向がカール広場です。

カール広場蚤の市開催中のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*