ガイス通/テプファー通(幸運の噴水のハンス)

マーカーはガイス通/テプファー通(幸運の噴水のハンス)です。

>

ガイス通/テプファー通(幸運の噴水のハンス・Hans-im-Glück-Brunnen)
[ハンス・イム・グリュック(Hans-im-Glück)の噴水は、同じ名前のおとぎ話のキャラクターにちなんで名付けられたシュトゥットガルト・ミッテの噴水です。
シュトゥットガルトの旧市街の改修を完了を記念してヨーゼ・フツァイトラー(Josef Zeitler)によって作成されたガイス通りの噴水は、1909年5月12日に発足しました。 噴水は、帽子、シャツ、ショートジャケット、ズボン、ブーツを履いた農民の少年を示しています。脚の間には金色の豚がいます。ツァイトラーによると、この図は、食肉処理場で出会ったフィルダーンの農場の少年に基づいて設計されました。
農民の少年と豚は鐘の形をした台座の上に立っており、その上には6羽の小さなアヒルがいます。ブタとアヒルはガーゴイルとして機能し、そこから水が丸い三本足の噴水ボウルに流れ込みます。植物の形で豊かに装飾された錬鉄製のグリルが、その端にそびえ立っています。おとぎ話のハンス・イム・グリュックのシーンを示す金メッキのメダリオン(装飾の丸い玉)が6つあります。上は錬鉄製の天蓋で、その頂部には金箔を施した四つ葉のクローバーの葉が付いています。
通常、5月中旬から9月中旬まで稼働しています。
ハンス・イム・グリュックの噴水・wikipedia-photo、金色のブタとその上の少年・wikipedia-photo]

Hans im Glück Brunnen – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が幸運の噴水のハンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*