シュティフト教会

マーカーはシュティフト教会です。

>

シュティフト教会(Stiftskirche (Stuttgart))
[シラー広場西側にあるシュティフト教会はもともと古代ローマ時代からのバシリカの上に12世紀に建てられ、1433年から1531年にかけてゴシック建築で立て直されています。建物の一部は1170年のホーエンシュタウフェン朝の時代にまで遡ることができるそうです。  (「旅の部屋-ドイツの小さな街めぐり-シュトゥットガルト」より)]

[シュトゥットガルトのダウンタウンにある大学教会は、バーデン=ヴュルテンベルク州の福音州立教会の主要な教会であり、シュトゥットガルトの教会地区内の大学教会(Stiftskirche)の教区教会です。都心の教会として、その偏狭さを超えた仕事を引き受け続けています。サウスタワーの下部は、シュトゥットガルトのホーエンシュタウフェン朝時代の唯一の現存する建築物の証言であり、2つの異なるタワーがあり、街のランドマークの1つです。また、プロテスタントのヴュルテンベルクの聖なる中心であり、主要な教会でもあります。
教会の設立年度は不明とされていましたが、祭壇エリアと大学教会の身廊の現在の発見は、10世紀または11世紀に建てられた半円形の後陣を持つ単一の身廊の初期のロマネスク様式の教会を示しています。 この最初の教会は、今日の大学教会のフロアプランの真ん中にあります。 木の年輪のように、次の世紀の構造的証拠は最も古いコアの周りを包みます。おそらく近隣の城に関連して、1240年頃の村の教会は、2つの塔が計画された(南の塔のみが実現される)堂々とした3通路の教会になり、クワイヤの長さは不明で、幅のみが確認されています。約7 mの村の教会の幅は中央の身廊の幅になり、北、南、西に約3.50 m増築されました。
サウスタワーのドナーチャペル(スティフターカペッレ・Stifterkapelle)には、13世紀末に造られた教会の最古の記念碑である、教会「創始者」であるウルリッヒ1世(Ulrich I. (Württemberg))伯爵とアグネス・フォン・リーグニッツ(Agnes von Liegnitz)公爵夫人の後期ロマネスク様式の二重墓があります。
1826年には、崩壊の危険性があるため、クワイヤのヴォールトを取り壊す必要がありました。 代替として、スタッコ付きの木製ネットリブ「ヴォールト」が取り付けられています。この模倣は、第二次世界大戦の破壊までクワイヤを形作りました。
第二次世界大戦の初めに、芸術作品は可能な限り保護され、ほとんどがワゲンブルク(Wagenburgtunnel)のトンネルに保管されました。クワイヤ、説教壇、使徒門(画を除く)の伯爵の像は、壁と防護構造によって現場で保護されています。 1944年7月と9月に、大学教会は爆撃によりひどく破壊されました。身廊の丸天井、身廊の南壁、北の柱列、クワイヤの木製とスタッコの丸天井が破壊されました。大きく破壊された建物は、ハンス・セイター(Hans Seytter)による設計の後、1950年代に再建されました。 古い教会の壁の遺跡は新しい建物に統合され、3身廊は木製のヴォールトで覆われた均一な教会ホールに置き換えられました。
戦後の建物の建材には静的および音響的な問題があったため、1999年に教会の内部が再建されました。ハンブルクの建築家ベルンハルト・ヒルシュ( Bernhard Hirche)の設計により、木製のヴォールトの天井は新しい天井構造に置き換えられました。この設計では、一方では戦後の時代に意識的に標準化され、独自の形で再構築された教会内部を保存し、他方では歴史的な3通路構造と現代の大学のメッシュの丸天井構造に変更しています。ガラス製の張りのある音響帆によって、新しい天井では何よりもオルガンコンサートに必要な残響時間が改善されました。さらに、身廊の下に新しいコミュニティセンターが建設されました。前の建物の発見された壁と発見された考古学的発見は、小さな展示ルームで提示されています。4年間の建設期間の後、大学教会は2003年7月13日に本来の用途に戻されました。

身廊のゴシック様式後期のヴォールトと19世紀の「ヴォールト」聖歌隊のフロアプラン

初期ゴシックのアプス(14世紀前半)・wikipedia-photo、シラープラッツの方向からの大学教会。・wikipedia-photo、ゴシック様式の網目模様の窓と北の壁・wikipedia-photo、「平屋根のメインタワー(1490-1531)、巨大な屋根、サウスタワー(14世紀と15世紀の最上階)」・wikipedia-photo、身廊とクワイヤ・wikipedia-photo、使徒門2016年・wikipedia-photo、ミッションゲート1958年・wikipedia-photo、ドナーチャペルのウルリッヒ1世「創立者」(後ろ)とアグネスフォンリーグニッツ公爵(前)の二重墓・wikipedia-photo]

シュトゥットガルト参事会教会 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はシラー広場で、カメラ西北西方向がシュティフト教会です。

カメラ北北東方向がシュティフト教会です。

シュティフト教会身廊のカメラです。

シュティフト教会内陣前のカメラです。

ドナーチャペルのウルリッヒ1世「創立者」(後ろ)とアグネスフォンリーグニッツ公爵(前)の二重墓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*