ケーニヒスバウ・パッセージ(Königsbau-Passage)

マーカーはケーニヒスバウ・パッセージ(Königsbau-Passage)です。

>

ケーニヒスバウ・パッセージ(Königsbau-Passage)
[ケーニヒスバウ・パッセージ(Königsbau-Passage)はケーニヒスバウ(Königsbau)の後ろに、ベルリンの建築事務所ハッシャー&イェーレ(Hascher Jehle)によって、8600平方メートルの面積でショッピングとビジネスセンターとして計画された。建物の中で最も印象的な部分はケーニヒスバウ(Königsbau)に直接接続するガラスのドーム屋根です。建物の礎石は2004年9月に据えられ、2005年10月に棟上げ式典が開催され、2006年4月20日にオープンしました。建物は5階建てで、27,000平方メートルの小売スペースがある。その内、シュティルヴェルク(Stilwerk)が、5つのフロアのうち2フロアを占め、家具屋やインテリアショップが数多く入ったショッピングセンターとなっていて、5階には、約18,000平方メートルのオフィススペースがある。また、地下1、2階には、420台収容の駐車場があり、プロジェクトの投資総額は、約180百万ユーロである。
「間近に見たケーニヒスバウ・パッセージ」・wikipedia-photo、「遠くから見たケーニヒスバウ・パッセージ」・wikipedia-photo」、一階の平面図・wikipedia-photo、二階の平面図・wikipedia-photo、「ケーニヒスバウ・パッセージのパノラマ」・wikipedia-photo]

[ケーニヒスバウ・パッセージ(Königsbau-Passage)は、2006年4月19日にオープン。名前からわかるように、宮殿広場 (Schlossplatz)に面したケーニヒスバウ(Königsbau)の中にあります。Uバーン(地下鉄)宮殿広場(Schlossplatz)駅の、ケーニヒスバウ(Königsbau)側の出口が、モールの入り口に直結。もっとも、入り口は他に3つあります。中は明るく広がりのある空間になっています。地階から3階(日本の1階から4階)までがショッピングモールになっている模様。中央郵便局も、このモールの中に引っ越しました。  (「放浪猫の遊び場 : 新しいショッピング・モール出現!!」より)]

カメラ南西方向がKönigsbau-Passageです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*