ツム・パウレーナー(Zum Paulaner)

マーカーはツム・パウレーナー(Zum Paulaner)です。

>

ツム・パウレーナー(Zum Paulaner)
[シュトゥットガルトに来たからには是非、現地料理を食べてください!
シュヴェービッシェ・マウルタッシェ Schwaebische Maultaschen(シュヴァーベン風肉餃子)、シュペッツレ Spaetzle (ドイツ風パスタ)
個人的には、味もサービスもオススメです。ちなみに一食の予算は大体一人15~20ユーロ位でしょうか。  (「やっぱりシュトゥットガルトの地方料理を食べたい!」より)]

シュペッツレ (Spätzle)
[シュペッツレの発祥地域は不詳であり、様々な地域がこの麺の発祥地を主張している。Spätzleを記載した1725年の文献が発見されているが、中世の挿絵を見ると、もっと古い時代にこの麺が存在した。
現在欧州では、シュペッツレは「シュヴァーベンの名物料理」として広く知られ、ドイツ地方行政区分バーデン=ヴュルテンベルク州バイエルン州に一般に関連付けられている。ドイツの最大手生産者はハーマン(Herrmann)社で年間約13,000トンを生産する。ドイツでのシュペッツレの年間生産量は約40,000トンであるが、家庭やレストランで作るシュペッツレはこの数字に含まれない。既製品のシュペッツレは、ネスレの部門であるマギーなどの企業により世界的に普及している。
自家製の細いシュペッツレとレンズ豆とソーセージ・wikipedia-photo、「チーズとタマネギを添えた、ケーゼシュペッツレ」・wikipedia-photo、シュピナートシュパッツェルン・wikipedia-photo  (wikipedia・シュペッツレより)]

マウルタッシェ(Maultasche)
[パスタ生地の中にひき肉・ほうれん草・パン粉・たまねぎを詰め、パセリナツメグフレーバーを加えている。ダンプリングの一種であり、イタリア料理ラヴィオリに似ているが、それよりも大きく、 8cm から 12cm の大きさである。通常、一人分として二つまたは四つが供される。
シュヴァーベンには、聖金曜日にこれを食べる伝統がある。現地での言い伝えによれば、マウルタッシェの由来は、元々金曜日には肉が食べられなかった宗教的な背景から、どうしても肉を食べたい人が肉をパスタ生地の中に隠せば神様からは肉が見えないので見つからないだろう、という発想から作られたことにあるという。
マウルタッシェンズッペ(スープ入りマウルタッシェ)・wikipedia-photo  (wikipedia・マウルタッシェより)]

カメラ北北東方向がツム・パウレーナー(Zum Paulaner)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*