ヘーゲル ハウス

マーカーはヘーゲル ハウスです。

>

ヘーゲル ハウス
[ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770年8月27日 – 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者。フィヒテシェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。ブラッドレー(F. H. Bradley)、サルトルハンス・キュングブルーノ・バウアーらの賞賛、キェルケゴールショーペンハウアーハイデッガーシェリングらの批判など、様々な文筆家を通じ、彼の影響は広がっていった。
ヘーゲルは、1770年8月27日、ヴュルテンベルク公国のシュトゥットガルト(現在のドイツ南西部バーデン=ヴュルテンベルク州の州都)の中流家庭に生まれる。父親はヴュルテンベルク政府の公務員だったゲオルグ・ルートヴィヒ・ヘーゲル(1733年-1799年)。進歩的な教育者であった母マリア・マグダレーナ・ルイーザ・ヘーゲル(旧姓フロム、1741年-1783年)の影響も手伝って、子供時代は学問の環境に恵まれ、文学書・新聞・哲学小論他の書物を読みあさった。病気がちで、6歳以前の時期に、天然痘で死に瀕したことがある。8歳のときシェイクスピア全集をもらい読むなど大変な読書家で、感想なども多数書き残す。妹のクリスティアーネとは親密で、終生強い絆をもっていた。南ドイツルター派正統神学のテュービンゲン神学校で教育を受け、哲学者シェリングや詩人ヘルダーリンと交友を結ぶ。3人とも規則に縛られた神学校の環境を好まない点で意気投合し、互いの思想に影響しあった。ギリシャ語、ラテン語、博物学などを学び天文学、物理学などを好む。だが、牧師にはならなかった。1801年、ヘーゲルはフリードリヒ・シラー大学イェーナに私講師の席を手に入れる。1818年、フンボルト大学ベルリンの正教授を務める。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世_(プロイセン王)は、政治体制への彼の貢献に対して叙勲し、1830年には、彼を総長に指名した。1831年、伝染病のコレラベルリンに発生し、ヘーゲルは一旦避難したものの、収束する前に戻ったことから感染してしまい、数日の後に61歳で生涯を閉じた。ヘーゲルの遺体は、ヘーゲルの生前の希望により、ベルリンのドローデン墓地に先に逝ったドイツ観念論の哲学者フィヒテ夫婦の墓の隣りに葬られている。
シュトゥットガルトのヘーゲルハウスにあるポートレイト・ファイル:Stuttgart-hegel-hegelhaus.jpg  (wikipedia・ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルより)]

カメラ東北東方向がヘーゲル ハウスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*